山は性癖です。

ヒルクライムは芸術、峠道はロマン。そんな人の日常。YouTubeに車載動画を上げております⇒https://www.youtube.com/channel/UC28MD_W9WmDCoetAcFCGpBg

袖ヶ浦ウィンターサイクルマラソン100kmソロに参加した話

どうも、篠です。

今回の更新は先日の袖ヶ浦ウィンターサイクルマラソンの振り返りです。

 

サイクルマラソンという名前ですが…

エンデューロレースです。

 

今回の出走カテゴリーは

センチュリーマラソンソロ100kmでした。

 

8月の熊谷バーニングマンレース男女ペア2時間に参加して以来、ソロカテゴリーも走ってみたいと思ったのが今回エントリーのきっかけ。

チームぼんじりやfellowの何人かも参加するから、同じ周回中に知り合いに会えるのも楽しみ(*´ -` )

 

サーキットエンデューロをちゃんと走るのは初めて。

熊谷と違ってさらに高速のレースになりそう…加えてこの日は10m/sの強風予報。

出走前の目標は最後まで周りが見える余裕を持つこと怪我落車なく完走すること

そしてこの100kmから何かしらを吸収すること

 

遅めに会場入りして、

9:40~2周だけ試走でコーナー確認。

スタート列に並ぶのはかなり遅かったので後方スタート。

 

エンデューロ開始

先頭から100mほど離れてスタート。

1周目は大集団のまま通過しましたが、2周目のホームストレートの登り辺りから分断。

 

第1の先頭付近にいなかった時点でついて行くのは無理だと判断してペースダウンして、少し1人で走って近くを通るトレインに声をかけて乗らせていただきました。

少人数集団でしばらく走る…

f:id:edamame0416:20201201224140j:image

40分経過ぐらいで後ろからよしこさんが来て、その集団にジョイン。

あとから思えば、スタート直後抑えていたつもりでも大集団のペースにつられて、少し無理していたなあ…と反省。

 

よしこさんと話しながら走っていたら集団の横に同じジャージの男性が見えて……

「あれ?もしかして石井さん!?初めまして🙌」

と声をかけた。

 

同じ100kmに出走するとはエントリーリストで分かったが、てっきり先頭集団にいるものかと思ったら今回はよしこさんの専属サポーターで参加するようだ。仲のいい夫婦🥰

 

そこからはこの3人+先頭集団から下がってきた

ふぃりりん@ymp1032 

オレンジ奴さん@kyouhei6111

の5人で集団形成。

集団の前方認知できたのはここだけ…?

後方もかなりのトレインができあがっていたけれど、ローテが回る気配がないのでメンズ3人が入れ替わりで先頭を引く感じ。

私は常に2~4番手でローテ回った時に前の間隔をちょい埋め程度しか役に立たない…

f:id:edamame0416:20201130152501j:image

ほぼツキイチさせてもらっているだけなので、せめて中切れを起こさないように気をつけて走った。

周回重ねる毎にコーナーの立ち上がりをスムーズに修正していく。

E1で走っている石井くんはさすがにコーナリングが上手で、後ろに着く時はラインをトレースさせてもらって、体重移動とブレーキのタイミング、バイクの傾き方からペダルの回し始めるタイミングまで、沢山勉強できることがあったので、最高のお手本で感謝しきれない…

f:id:edamame0416:20201130152130j:image

普段の峠の下りとは違い、ダウンヒル落下重力がない高速コーナーはまた別物だった。

 

体重が軽いからか、スピードが上がれば上がるほど、コーナーは不安定になっていく。

1個目の急コーナーとホームストレート直前の急コーナーは下ハンで前輪にもしっかりトラクションかける意識で、低い姿勢で上半身で押さえ込んでみたらすごく曲がりやすくなった。

ブラケットでも曲がれなくはないけど、周りに人が並走する場面などでは対応しきれないし強風に煽られると考えると、コーナーは必ず下ハンに持ち替えるようにした。

ラクションのかけ方でグリップの変化を実感できて、すごく楽しかった…

後半の40kmはコーナリングの練習をしていたら気づいたら終わってた感じでした。

夢中になるといろいろ忘れてしまう🤣

 

パワーグラフも明らかに後半のインターバルがかなり少なくなっていて、コーナーをスムーズに抜けるようになったのがデータでわかる。

f:id:edamame0416:20201130152058j:image

ブラケットエアロフォームが結果的に一番楽で速く走れたけど長い時間だと肘を曲げたところの血行が悪くなって疲れてくるから、肘を軽く曲げてリラックスできる下ハンを使う時間が長かった。

f:id:edamame0416:20201130141803j:image

まだまだ鍛え途中の体幹の弱さがここに露呈した感じ。

 

周回ごとスタートライン直後の登りで補給や軽めのダンシングで筋肉を解したりしてみましたが、残り20kmぐらいで足つりそうな気配が…

思い当たるのは給水が足りないのと補給のタイミングが遅い、

あとは序盤集団形成されるまでちょっと無理していたのが裏目に出たこと。

つらないぐらいで回し続けて違う筋肉を使うなどでやり過ごす。

 

最後まで集団の2~5番手にいた。

風を受けることはあったけど、自分の場合は負荷かかり続ける方が集団後方でインターバルがかかるよりずっと楽だった。

f:id:edamame0416:20201201224214j:image

第1集団に追い越される度につられてペース上がる方が多かったが、

オレンジ奴さんと石井くんが集団コントロールのおかげで安定したペース刻めたので、ラストまで余裕持って走れた。

途中途中で集団に乗れそうな人を呼び込むのも楽しかった🙌

ラスト1周で先頭集団に追い越され、その流れに乗ってゴール。

 

走り終わってもちゃんとゴールできたのか分からず(サイコンでは100km超えたけど不安で仕方ない…)

追加で2周回ってピットイン。

 

 

終了後

ええ、バイクおりた瞬間やばい足つるってなって固まったよ…(:3_ヽ)_

凄い脱水症状…

補給したつもりでもダブルボトルにしたのにダウンチューブの抜きづらい方のボトル全然使ってなかったのは大反省。(次は横から抜けるもの変更予定)

補給は梅丹1本、粉飴ジェル1本、粉飴ボトル600ml。ちょっと少なかったかも…

 

ソロでサポートなしで長時間走る時は色んなことに気を遣わないといけない…

補給のタイミングが遅かったのも前半余裕が少なかったからだと思う。

心肺的には最初から最後まで余裕があったから、しくった所をめちゃくちゃ思い出せて反省の嵐。

 

経験不足が色んなマイナスを招いている。

それを少しずつ解決していけたらさらに楽しめるだろう…やり込み要素が多いエンデューロめちゃくちゃ楽しく感じた。

 

今回の良かった点はホイールをR-sysからエンデューロでも通用するレーゼロナイトに変更したことかな…

おかげでバーニングマンの時より足止めて休める場面がかなり増えた。

スピード乗せた時の巡航維持も楽だった。

 

パワーデータ

2時間42分

アベ36.8km/h

NP179w

平均パワー160w

平均ケイデンス89

 

無駄足の場面が多かったけれど、100km無事走り切れるようにいろいろ試せたから、今回はいい経験を得たと考える。

人の後ろにつくのが下手でペダルを回しながらの出力調整は練習していかないと…

 

そして最後まで低い姿勢を保ち続けたかったが、後半支えきれなかった。

2年前に試しに出た大磯クリテで自分が映っている写真を見て体勢と頭の高さにドン引きしたことがエアロフォームを追求するきっかけとなった。

過去の写真はこちら

f:id:edamame0416:20201130151614j:image

空気抵抗を減らすのは大事でも自分の器量にあった使い方をしていかないといけない…

上手くサボれるところはサボって、体を起こして休めるところは休まないといけなかった

 

ヒルクライムとまた違う楽しさ。

走行中にパワー節約について真剣に考えたのは今回が初めて。

持ってるものを使うのが下手だからこれからいろいろ工夫できそう。

 

終了後約2時間一緒に走った4人で写真撮った✨

こういう出会いもいいね…楽しいね…

f:id:edamame0416:20201130150807j:image

よしこさんとツーショット。

今回はレースというより集団の中で女子ライドしてた、途中いろいろ話できて本当に楽しかった。

仲良く100kmの2位3位入賞。

f:id:edamame0416:20201130150359j:image

f:id:edamame0416:20201130152223j:image

1位の樫木さんは第1集団で追い越される時に挨拶できましたが、最初かは同じ集団にいなかった時点で同じ土俵にいませんでした。

先日一緒にライドした時に感じた自分に足りなかった多くのものを、この日に改めて観られて本当に運がよかったです。

コツコツ頑張って、まずは背中が見えることを目標に励みます🙌

 

どこを走ればいいかを見極める能力や中切れを察知する勘も養っていかないと…

いろいろやれることあるからエンデューロすごく楽しいです。

 

できないこと、新しいことはワクワクドキドキしますね。

どんどん、幅を広げていきたいです。

 

 

写真:@passo_no_yome ⁦‪@Y19109‬⁩

 

あらためまして、

今回参加された皆さん、トレインでお世話になった方々、ありがとうございます!

そして、お疲れ様でした。

f:id:edamame0416:20201130152838j:image

ロードバイクで千葉一周してみた話。24時間、515km

どうも、篠です。

今回は11月1日に自転車で千葉一周した話をしようと思います。

かなり長文になってしまいましたが、よろしければ最後までお付き合いください。

f:id:edamame0416:20201105191511j:image

 

千葉一周

通称:千葉いち

千葉県境の形をなぞりながら一周回るコース。

距離約520km、獲得標高1500mほど。

f:id:edamame0416:20201102171731j:image

コース内訳:

江戸川サイクリングロード60km

利根川サイクリングロード120km

ほぼ海沿い340km

海沿いを340kmも走るのにほとんど登らないというのも千葉ならでは…どちゃくちゃ登る伊豆いちとは大違いです(笑)

(参照:伊豆いち箱根越えルート 267km、4424m↑)

 

ひたすら山を走っていた自分がほぼ平地を520kmを走る……

なんて、自分が一番驚いていますが、

走るきっかけをくれたのは

ねもきょん、うめチコ、tom's cyclingです🙌

(見事にみんなサイクリスト夫婦🥰)

 

身近の人達のチャレンジ見ていると、

なんだか楽しそう…

自分もやってみたい!

という気持ちになりますよね。

不思議なものです。

 

「私もいつかは千葉一周…!」と何年前は思うだけで終わっていました。

今度は思うだけで終わらせません。

常に刺激ときっかけを与え続けてくれる身近な人達、本当に感謝しています。

 

過去最長で287kmしか走ったことがなかったので、無事千葉一周完走できればそれを更新できる!というのも1つ原動力でした。

 

 

 

■準備期間

ぶっちゃけた話、今回の準備期間はかなり短めです。

気温的に11月中にやりたいなあ…と10月下旬に考えていて、30日に予定を確認してみたところ、

10/31~11/2までしかまとまった時間が取れないことに気付く…

 

幸い3日間とも天気大丈夫そうですが、いくらなんでも急すぎる…🤣

平地メインのコースは風の影響を大きく受けるため、風の予報次第で実行日をどっちかにするか、予報が悪ければ諦める予定ではいましたが…

天気予報開いて目を疑いました。

 

・10月31日

最高気温20℃、晴れ。

丸一日北風3m/s、海沿い5m~8m/s

 

・11月1日

最高気温21℃、晴れのちくもり。

17時まで北風2m/s、館山より先は18時以降東南風→無風→南風2m

f:id:edamame0416:20201105160740j:image
f:id:edamame0416:20201105160744j:image

 

これはもしかしなくても…

千葉いちしないと勿体ないぐらいの神風ではないか…?

 

つまりですね。

時計周りで20時頃南風に完全に切り替わるタイミングで館山まで回れば、

520kmを7割無風or追い風で走れる

都合よすぎて嘘みたいな予報……

半島をぐるっと一周するようなコースは必ず向かい風区間が生じる、しかも千葉一周は方向変わるまでの距離が長いので、向かい風にはかなり体力を削られます。

過去千葉海沿い走って風速10m/sの洗礼を受けたことがあるからこそ分かります。

 

こんな絶好なチャンスは滅多にない。

 

もはや神様は私に千葉一周を走らせる為に、11月の予定をきつきつにしたと思うことにしました(予定きつきつなのは自分のせいですが笑)

 

急すぎるけどダメ元で

「しょっとこは来週夜勤だし2日の夕方まで空いているなら1日一緒に千葉いちやらないか?」

と、旦那に聞いてみたところ

「そんなん体の準備も心の準備もないからいきなりできるわけないだろ( '-' )ノ)`-' )」

と、きっぱり(笑)

 

「綿密に予定立ててもここまでの長距離で予報が悪かったら無理だぞーっ」と、揶揄しておいた。

多分思いつきで行動しがちな私とやり過ぎなぐらい慎重な旦那、足して2で割ったのがちょうどいいです。

何も言わずに送り出してくれたしょっとこに感謝。☺️

 

ということで、

2日前に急遽千葉一周ソロライド決定しました!🚴🏻‍♀️

 

 

■コース確認とスケジュール構成

千葉の土地勘がない人が千葉一周する時に知っておくと助かること。

①スタート地点

②スタート時間

③装備品の内訳

④市原より先は路面悪くて交通量多い区間を回避すべし

 

①スタート地点

ぶっちゃけ一周するので、コース上のどこからでも大丈夫です。

今回は飯能から輪行で行きやすい都営新宿線沿いの船堀駅付近で前泊。

スタート地点は江戸川サイクリングロードのスタート地点に近い新今井橋に決定。

走行コースはうめチコ2人の千葉いちログを参考にさせていただきました。

f:id:edamame0416:20201105202632j:image

 

②スタート時間

元々キリよく11月1日0時スタートを考えましたが、反時計回り千葉一周だと、最初は江戸川サイクリングと利根川サイクリングロードを走ります。どちらも初見です。

それだと日の出が6時の今の時期、スタート後5時間半真っ暗な中を走り続けないといけません。

初見のサイクリングロードを走るのはとても神経を使います。

それにつけ加え、例え2日の0時に戻ってくる計算で走った場合、ラストの市原~千葉市区間が午後10時になるので、まだまだ交通量多い時間帯なのでできれるだけ避けたい。

以上の理由から、

朝3:00スタート(実際少し遅れて3:10)に変更しました。

そうすれば市街地に到達する時間帯は深夜にズレます。

 

③装備品の内訳

f:id:edamame0416:20201105191401j:image

フロントライト2灯、フォークライト、リアライト、

(ガシロンV9C-400、V9D-1600)

1600はモバイルバッテリー代わりに使えるので400を使い切ってから1600に切り替える順番で使用していました。

フォークライトは真っ暗なサイクリングロードを走る時の足元を照らす補助として使いました。(エドサイの主チコたんから授かりました)

f:id:edamame0416:20201105193306j:image

フードポーチ

おやつやGoProを入れる用

これがめちゃくちゃ使えるんですよ…

ダンシングの時膝に少し当たりますが

 

ツールケースの中身

(工具一式、鍵、予備チューブ、例のポンプ)

サドルバッグの中身

(保険用のPEKOさん輪行袋、モバイルバッテリー予備2つ、充電器&充電コード、厚手のグローブ、ウォーマー類)

 

当日のウェア

日中は20℃まで上がることを考慮して夏ウェアにウォーマーを付け加える形にしました。

 

ASSOS DYORA RS サマージャージ

DYORA RS ビブショーツ

1.4ベースレイヤー

ハブソックス

アームカバー

ウインドブレーカー

反射ベスト

f:id:edamame0416:20201105191443j:image

Hideさんが教えてくれた反射ベストめちゃくちゃよかったです。

前にポケット2個ついてて、ど平坦ならポケットに補給入れても落ちる心配ないし、補給食のゴミを収納するのにちょうどいい。

 

④市原より先は路面悪くて交通量多い区間を回避すべし

f:id:edamame0416:20201105195321j:image

ラスト60km湾岸道路をずっと走るとトラックがバンバン通る上、舗装の亀裂が凄まじいのでパンクのリスクや振動体に来るダメージが大きくなります。

五井方面に一本ズレた道がオススメです。(これもチコたん直伝)

 

 

いざ、スタート


テルチェックアウトで荷物の預りに手こずってたら少し時間推しましたが、3:10に出発

朝ごはんはヤマザキのゴマたれ団子3本、おにぎり1個、アミノバイタルゼリー1個。

800kcal

ロングライドの日は一気に食べ過ぎないように気をつけます。

 

朝寒いかと思いきや、意外とアームウォーマーだけで物足りました。

気温は3時過ぎの時点で5℃。

スタートの段階でインナーにホッカイロ2枚貼っています。

胃の位置に1枚、おしりのちょい上に1枚。

 

過去冬に伊豆いちした際に後半胃腸やられて固体物受け継がなくなったことがあったので、とにかく胃とお腹を冷やさないように気をつけました。

おしりのホッカイロは臀筋が固まらないようにする為の気休めです。(実際効くから有能)

 

 

江戸川サイクリングロードバイクを走って何が一番驚いたかというと、

深夜3時にも関わらず、おじいさんおばあさんがいっぱい歩いていることです…

反射材つけていない方がほとんどなので、

暗闇の中から突如湧いてくる

最初はビビってリアルに「うぉあああっ!」って声出してしまいました。😇

今後深夜にエドサイ走る予定がある方、お気をつけください…

 

そんな江戸川サイクリングを抜けたのは5:22

その頃には空が明るくなり始めました。

58km、2時間10分ノンストップ。

スタート直後は北に進むので、軽い向かい風ですが、淡々と回すだけ。

 

エドサイの補給は全部粉飴ジェル。朝食直後の補給は固体物食べる気になれず、暗い時間帯は食べやすいものを選択。

1本100kcal、4本食べました。

ガーミンに20分アラートつけて、20分~30分に1回100kcal補給することに徹しました。

 

江戸川サイクリングロードの途中にトイレ1箇所あるので、必要でしたら寄れます。

 

利根川サイクリングと比べてポールやの土手上と下を行き来する回数が多いので、江戸川サイクリングは迷いやすい印象でした。

 

利根川サイクリングで観る日の出✨

この日は朝靄も出ていて、サイクリングロードなのに雲の上を走っているようで、とても幻想的で綺麗でした。

なお、気温は6時~8時の間ずっと0℃…

今回の全行程で一番寒い時間帯でした。

 

トネサイに入ってからプロテインバー1本(180kcal)食べました。

 


6:20に最初のコンビニに到着。

利根川サイクリングを30km走ったら一度一般道に降りることがあります。

その沿道にファミリーマートがあります。

 

体温を取り戻す為に味噌汁に塩おにぎりをドボンっ!

暖かいココアを投入。

ここで利根川サイクリングを抜けるまでの補給を入手。

ひとくちカステラ(370kcal)、素焼きアーモンド(209kcal)

ナッツ類は序盤食べりたいおやつ。

 

 

8:00、119km地点。

利根川サイクリング途中の唯一の公衆トイレまじ救世主……

今回最も予想外なのは、30km前後で1回トイレ休憩挟まないといけないこと(不可抗力)

寒い時期汗が出ないので、トイレの回数が増える……メンズみたいにその辺で済ませられないのが本当に不便……

 

9:07 津宮鳥居海岸

f:id:edamame0416:20201105211219j:image

f:id:edamame0416:20201105211307j:image

全国カルガモ選手権やってるの!?ってぐらいカルガモがめっちゃいる所なので是非行ってみてください(笑)

 

利根川サイクリング、意外と嫌いではなかった…

普段山ばかり走っているせいか、延々と平地でほぼ信号ないし人もほぼいない走りやすいサイクリングロードはもはや青空ローラー。

ここまで清々しい程の平坦になるとむしろ面白くて楽しくなってくる…

ひたすら時間が流れていくのを感じながら風の抵抗を減らすことだけ考えていました。

この日の脳内BGMは紅蓮華。

 

このからまた70kmノンストップ。

トイレの回数減らしたいから極力給水を控えたけれど、これがあまり宜しくなかったことを後半知る羽目になる……

 

利根川サイクリングの端っこまで行ったら一度一般道に降りて15kmほど進めば犬吠埼です。

 

10:35に犬吠埼灯台に到着。

7時間25分、189km。

元の予定より約1時間早く着きました。

利根川サイクリングはほぼ無風かちょい追い風だったので走りやすかったです。

 

動画撮って写真ツイートしたら空腹感が一気に押し寄せてきました。

灯台付近でまさかの千葉地元のフォロワーさん2人にお会いできて、セブンイレブンまで案内していただきました🙌

f:id:edamame0416:20201105212307j:image

別れ際に差し入れのSOYJOYいただきました。

お世話になりました🙌

 

お昼時なのでガッツリ親子丼を食べて、ザバスプロテイン補給。

若干脱水気味なのでボディーメンテを一気飲みして、ボトルの中身はポカリスエットを補充。

迅速にぶどう糖が取れるラムネも忘れずにGET。

次のおやつ、3個入り1個116kcalのミルク饅頭を手に入れました。

 

実は地味にこの20分に一回食べるおやつが楽しみで仕方ありません……補給ですが、好きな物、美味しいもの食べたいでござる。🥰

走ってる最中も次のコンビニでなんのおやつ買おうかなって楽しみにしているのです。

 

13:25 九十九里ビーチラインの途中。

ここまで244km。

めちゃくちゃ我慢したけどやはり1時間半に1回トイレ休憩入れないとダメっぽい……

 

朝膝が冷えたのと、犬吠埼まで給水を控えたのが響いてきて膝の裏の筋肉が突っ張る違和感。

少しペースを落として回すことにしました。

トイレの回数が増えてもいいから給水はケチったらダメだぞ!(経験者が語る)

 

とはいえ、延々と走っていられるのに止まらないといけないのは辛いです。

もちろんこの休憩を無駄にはしない。

トイレ休憩の度にすかさずおにぎり1個放り込んでいます🍙

 

16:30 約300km経過。

もう半分以上終わったぞ!という気持ちが大きくて、超絶ポジティブ。

 

縮尺問題で走っても走っても地図上で全然進まないのですが、走った履歴がどんどんチーバくんの形になっていくのを眺めるのはとても楽しかったです。

現在地がどんどんチーバくんの爪先に近づいていく…

 

 

 

 

補給でいろいろ食べてみましたが、

結論、おにぎりが一番スっと入るしすぐエネルギーに変わりました。

コンビニで食べたおにぎりはすべて温めて頂いて、毎回暖かい飲み物を1つ飲むようにしていました。

元々胃腸があまり強くない自分はここまで長距離走ると、冷たいものはできるだけ避けて、胃を冷やさないような努力が必要でした。

 

千倉海岸で完全に日が落ちて、

鴨川オーシャンパークに着いた頃にはあたりが真っ暗。

2度目の夜がやってまいりました…

今回は長いです。

 

19:00から雨雲レーダーに引っ掛からないぐらいの小雨がパラパラ降り始め、濡れるほどでは無いですが、路面がウェットに変わった区間が長かったです。

アイウェアが曇るから外して耳の後ろにかけて進み続けます。

ウェットはむしろ有難いです…マンホールだけ気をつければ転がり抵抗が減るので、少ないパワーで進んでいる感じがしました。

勝浦以降の海沿いはアップダウンちょいちょい挟んできますが、安定して25km/h~30km/hで進み続けました。

 

f:id:edamame0416:20201105231936j:image
f:id:edamame0416:20201105231939j:image

夜の南房総は本当に走りやすい……路面もそれなりに綺麗ですし、交通量皆無…

野島崎灯台をパシャリ。

 

20:15には館山付近に到着、385km。

パンは沢山水を飲むようになるから避けていましたが、どうしてもかにぱんが食べたくなったから買ってしまいました…

おやつポーチにすっぽり入ります🤣

 

次のおやつはきなこもちふわふわケーキ。

1個75kcalと少なめですが、美味しいから食べたい😎

 

富津付近に着いた時、GOCHIの拓海くんが車で応援に来てくれました✨

知っている人がいるとテンション上がるから、ちょっとの間だけ踏んでしまったのは反省です(笑)

f:id:edamame0416:20201105230105j:image
f:id:edamame0416:20201105230108j:image

約15km見守っていただき、この区間暗いから車で後ろから照らした方がいいかなと思って…とさらっと言い出す男前。こやつはモテるわ(*´ω`*)

 

今井付近のセブンで差し入れを頂いて解散!

約1時間ほどのお付き合いありがとうございました!🙌

 

0:12に2時間半ぶりのツイート

この間はiPhoneバッテリー切れて、1600のライトに刺して充電していました。

しょっとこにも連絡してなくて心配かけてしまった…反省(-人-)

ガーミン1030Jはバッテリーセーブモードで使うならナビ機能運用でも24時間持ちます。

ナビ機能でバックライト付けっぱなしだと1時間に15%減る以上な速さなので使う際はセーブモード推奨。

フロントライト2個は使い切ることなくゴールできました。

 

木更津より先は一気に一気に大型トラックが増えました。

そして信号も増えました…直線上で8個信号に引っかかる…絶対引っかかる系の信号😇

16号に入ってからは大きな亀裂がある区間もあるので、うめチコのアドバイスで五井方面に迂回。

この辺に着くのな既に23:30頃なので市街地は快適でした🙌🙌

f:id:edamame0416:20201105232142j:image

 

0:30 最後のコンビニ休憩。

460km地点。

残り55km。

正直あまり考えていなかったけれど、

ここまで来て初めて、

このペースだともしかしたら24時間以内ゴールできる…?

 

俄然やる気が湧いてきました。

とはいえ、ここまで来てペースを上げる気力はありません。

疲労がというより、このロングディスタンスに順応して体にリミッターがかかっている感覚でした。

このペースなら延々と走っていられるけどこれ以上は出しちゃダメという本能?直感?

コンビニ休憩の度もストレッチは行っていますが、筋肉痛は言うほどないので休憩時間が長かろうと短ろうと、足がだるくなることは一切なかったです。

埼玉で8800m登ったライドの終盤に近いですが、その時ほどの筋疲労はない…不思議です。

 

残り55km、

ここまで来ればもう終わったようなものだから、

とにかく最後まで事故なく怪我なく、集中力を切らさずに走り切ることが目標でした。

 

ラストの湾岸道路のバイパスが結構怖かった……トラックやばいし道狭いし微妙に上ったり下がったりするし……

 

夜勤明けで出迎えしてくれる予定のうめちゃんからずっと応援のLINE届いてました。

「ディズニーまで来たらLINEして」って届いて6時間、2:29に「あと5分でディズニー!」ってやっと送信できた…!🥺

f:id:edamame0416:20201105235408j:image

ゴール手前の橋を走っている写真。

f:id:edamame0416:20201105235845j:image

 

3:04 無事新今井橋に戻れました…!

感無量……

旦那のしょっとこがまさかゴールで待ってくれていたとは思わず、サプライズ😭

うめちゃんもチコたんも遅い時間寒い中わざわざ来てくれてありがとう…

ゴールした途端に疲れがどっときました。

 

 



走行データ関連

f:id:edamame0416:20201106001600j:image

走行距離 515km

獲得標高 1543m

経過時間 23時間54分 21.6km/h

走行時間 18時間52分 27.3km/h

消費カロリー 7858kcal

平均ケイデンス 81rmp

平均心拍数 130bpm

パワーNP 123w(PWR2.51)

IF 0.59

TSS 656

 

初の24時間500km越え。

消費カロリー7858で、朝ごはん含めて補給は6500ぐらい取れたと思います。
最後まで食べれました…

食べる順番や食べるものを正しく選んでいかないといけない。

ここでおにぎり最強説を唱えたい……

甘いものとしょっぱいものを交互に、油っこいものは極力避ける。

ロングライドこんなにちゃんと食えたのは初めての体験なので素直に嬉しかったです。

 

ここまで長時間走ると走力よりもマネジメント面の方が大事だということは痛いほど実感しました。

体重49kgで、このど平坦コースを走るには圧倒的パワー不足の自分が千葉一周を走り切るにはどうすればいいのか、考え続けた一日でした。

 

データを見返すと、実は尖ったことは何もしていません。

 

最初から最後まで足に負荷がかからないギアを使い続けただけでした。太ももの重さだけで進みます。

アチェンジで少しでも重いなあと思ったら即下げることを心掛けました。

最中はパワメの数値を見ずに体感頼り。

時間の経過だけ見ていました。

パワーゾーンでいうと、ちょっとしたアップダウンの時の変化を除いて、

L2下限で約16時間は走りました。

 

ひたすら低い姿勢を取り続けて、どう風の抵抗を減らして楽に進もうかを考え続けました。

同じ筋肉を使い続かない意識と、

全身の筋肉をほぐす為に5~10分に一回ダンシングを入れるようにしました。

 

サイクリングロードでも車道でも、路面の凹凸は避けられるところ全部避けて、白線の上を走り続けました…

ドライの時は白線の上の方がよく進みます。

凹凸を避けるもう一つの理由は振動による内臓と関節への負担を減らす為でした。

 

実際ラストの千葉市街に近い区間は避けられないバキバキ区間が多くて、最後のコンビニで飲んだココアの味が口の中に戻った感覚があってすごく嫌でした…これが最初からずっと積み重なっていったら…と思うとゾッとする…

 

トイレ休憩の回数は全部で10回。これだけで約2時間取られます(笑)

冬のデメリット…

これが夏だったら給水休憩が増えるだろうから、どっちにしろ千葉一周は辛いのかな?と思いました。

 

あとはかなり大きかったのは、いい風が吹いていたことでした。

急遽決めた事でしたが、この日に実行して本当によかったです。

最初のエドサイ58kmと、トネサイの一部(15km)、九十九里ビーチラインに入る手前の20kmと、細かいところ20kmを除いて、本当に予報通り400kmほぼ無風か追い風で走れました。

風の向きに合わせて移動していたので、そういう意味でもトイレ休憩多めでちょうど良かったかもしれません…結果オーライです。

 

今回走る前、

「平地走りたい走り方がよく分からないから500km走ったら何かしら気づくことがあるだろう」と言ったら、

しょっとこに何言ってんのコイツ🤨って顔をされました。

一周回ってやはり自分は脳筋かもしれません……

 

気付くこと、沢山ありました。

 

今のポジションは300km越えた後フォーム維持できなくなること。

後半は体幹で支えきれませんでした。

ロングライドをなさる方アップライトなセッティングが多いのも頷けます。この日の為だけでも少しハンドル上げとけばよかったです。

 

300km越えたあと、無駄な力抜けていく感覚がありました。

ここ2年間追い込む走り方ばかりしてうすれていったエンデュランス感覚が戻ってきました。

千葉一周して、2日の朝に帰宅して一晩寝て、

3日に輪の都民の森ライド、108km、1650↑

この日は体がだるかったのですが、清々しい目覚めでした。

4日にとっしーさんと飯能ときがわライド、97km、2797↑

2日目にして謎の復活を遂げました…

 

ちょっと笑っちゃう話ですが…

千葉一周で一番のダメージはまさかの左足の踵の靴擦れ……油断からの二次災害です。
ラスト千葉市街に近くなってから信号ストップ増えてクリート外したりはめたりすることが多かったです。

疲れてくるとクリート外しもキャッチも雑になってくるのよくない…大反省です。

かかとが擦れて翌日アキレス腱の下の方炎症起こしていました;

小さなことでも積み重なると後々響きますよね……本当にいい勉強になりました。

靴ズレ防止シート貼って休んだら3日目には完治しました😇

 

めちゃくちゃ疲れている感覚はありますが、

カバーできる筋肉痛です…

関節の違和感が何も無いのが今回一番良かったことかもしれません。

長い距離を走り続けたことによって強制的にきんくをわなかった筋肉を全動員してダメージを分散させていたんでしょう。無意識的なうちに。

まだまだこれからいろいろ気づくことがあるでしょう…ただいま自転車が楽しくて仕方ないです。

 

千葉一周ライドは

私にとって貴重な経験と大きな財産になりました。

送り出してくれた旦那と、前日バイクチェックしてくれたチコたんはもちろん、

TwitterInstagramで応援してくれた方々、アドバイスを下さった方々、

道中で声をかけてくださった方々、

本当にありがとうございました。

これからも思い切った挑戦を続けていきたいと思います。

北海道「Tokachi Climb Camp 2020」に参加した話。

どうも、篠です。

先日の9月13日に北海道帯広市で開催された「Tokachi Climb Camp 2020」というイベントにゲストライダーとして参加させていただきました。

今回の更新はイベントの振り返りも兼ねて、北海道の話をさせてください☺️

f:id:edamame0416:20200916211557j:image

 

実は今回イベントのゲストオファーは北海道そらちグルメフォンドの運営にも携わっているけ~すけさん経由で企画の小川さんに繋げて頂きました。

「篠さんにぴったりのイベントがあるんですけど、如何でしょうか?」

 

送ってきたイベント概要に「獲得標高を稼ぐ」「同じ坂を2度登ってはいけない」

の2項目が書いてあって笑ってしまいました…

なんちゅーイベントだ……

ええ…まさに私得イベント🚵‍♀️

 

そんなちょっと変わったイベントはこちらです

👇🏻👇🏻👇🏻👇🏻

 

十勝クライムキャンプとは?

 

■イベント概要■

セキュリティチェックが必要です

1Day Climbチャレンジ

北海道帯広市役所をスタート・ゴールとする

朝7時〜15時(8時間)で

どれだけ獲得標高を稼ぐことができるかに挑戦するイベントです。

f:id:edamame0416:20200916151226j:image

ルール

◯ 3人1組み(8時間)または2人1組(6時間)によるエントリー

◯ 獲得標高はサイクルコンピュータなどによるGPS計測

走行ルート自由。各自で準備し、事前に大会事務局に申告

同じ坂を2度登ってはいけない

参加費/3,000円(大会記念品キャップ、ネックゲーター、サコッシュ+保険など)

 

各自でルートを設定する走行ルートの自由度の高さはもちろん、

峠道を走るので、安全を考慮し、あくまでチームで協力し合うチャレンジであって、タイムを競うものではないというのもこのイベントのいいところです。

各自の許容範囲で自由に楽しめますから、幅広い層が楽しめるイベント。

イベント自体はかなり小型で、今回は参加者76名。それぞれの少人数グループに分かれて走る形式です。

 

イベントを振り返る

今回イベント当日は

もう1人のゲストライダ

#KBikeService代表 YURIFitフィッティングサービスでも知られる小橋勇利さんと、

2人1組で走らせて頂きました。

f:id:edamame0416:20200916163042j:image

実はスタート地点の帯広市付近はど平坦で、

そこから北上し十勝平野を走り抜け、山に向かいます。

山まではなんと…50kmあります!🤗

 

これだけ聞くと、

えっ、ほぼ平坦ライドじゃん?

と思う方もいらっしゃるでしょうが…

実は十勝平野、全然「平野」じゃないです(笑)

 

真っ直ぐな道が何キロ先までも伸びていき、

数m~数十mのアップダウンが延々と続くラクルな地形です。

f:id:edamame0416:20200916170142j:image

f:id:edamame0416:20200916170111j:image

田んぼの間なのになんでそんな波打ってる!?って突っ込みたくなる道…
f:id:edamame0416:20200916170021j:image

こんな道を50kmも走れば500mぐらい登るんです。

北海道は高い山が少なく、基本的に峠道が緩やかななので、

蓋を開けてみれば…

実は帯広市スタートで獲得標高を稼ぐなら、

高い山に行くより、丘陵地帯を延々とぐるぐる回った方が結果的に獲得標高のコスパがいいです。

 

そんな訳で、今回の参加者も山に行くグループと平野を回るグループで、大きく二手に分かれた模様でした。

 

私と小橋さんは十勝地方を走るのは初めてだったので、せっかくだからこの辺の有名な山に行ってみたい…!そして美味しい物食べたい…!

 

そんな思いで引いたルートはこちら

205km/2747m - A bike ride in 帯広市, 北海道

 

205km2700mアップで、

大きな登りは

然別湖(しかりべつこ)

・士幌高原(しほろこうげん)

・ナイタイ高原

・林道池田西部線

お昼ご飯はナイタイ高原降りて少し離れたところにある「ナシラ舎」という美味しいカレー屋さんを予定していました。

Facebookにログイン | Facebook

ここまで完璧な満喫プランでしたが…

あいにく当日の朝は気温8℃前後の霧雨、

2~3時間ほど本降りの雨で、補給取るなり、体温を戻すのに二度大休憩を入れました。

つい3日前まで日中30℃だったのにいきなり1桁に突入する北海道恐るべし。

 

鬼寒かった(笑)

低体温症になりかけたけれど、暖かい飲み物入れたら復活しました。

 

個人的に今日のハイライト

 

小橋「冷え症だから手がすごい色になるんだよね…赤い通り越して真っ白になる(笑)」

 

私「へぇー」

 

小橋「…こんな感じ(グローブを取る)」

 

私「……ほぼホルマリン漬けじゃん」

 

小橋「wwwwww」

 

私「小学校の時博物館で見た事あるけど、保存状態のいい死体こんな感じだったわ…」

 

雨寒かったけど、

雨の中で走ったこの真っ直ぐなアップダウン、北海道らしくてめっちゃ好きでした。

道の先が空と繋がっていました。

曇り空ならではの景色

f:id:edamame0416:20200916191151j:image

動画はこちら


f:id:edamame0416:20200916191147j:image
f:id:edamame0416:20200916191154j:image

土砂降りの寒い中、

「雨の日は転がり抵抗減るから巡航上がりますよね…寒くなければ普通に好き」

という話で盛り上がった…

どこまでもポジティブ😎

 

10時過ぎから雨も上がり、山に近づくにつれて路面もドライに変わったのでかなり走りやすい天候に変わりました。

f:id:edamame0416:20200916191105j:image

十勝しんむら牧場でホットコーヒーを飲んでホッとしたらすっかり観光気分に変わった私と小橋さん😆

せかせか走るのも勿体無いから、残り時間を見つつ臨機応変にルート変更する方向へシフトチェンジ。

 

然別湖はカットして士幌高原へ。

散々道に迷って、グラベルに突っ込んだり…

1本道はずればグラベル天国なので、グラベルバイクで来たら最高に楽しめる地域だと思います!

 

小橋「このグラベルを抜ければ超絶ショートカットらしいよ(行きたそうな顔)」

f:id:edamame0416:20200916192944j:image

私「ん…じゃあ、行きますか!(ロードだから)ゆっくり走るわ」

 

小橋「俺は行くって決めたらゆっくり走らないんで(バビューン)」

 

ノリノリの小橋さんに一瞬で置いてかれたけど、めちゃくちゃ楽しかったです🤣

 

 

士幌高原

3.3km、平均5.4%。

前半は3%前後で後半8%まで徐々に上がっていく坂でした。

f:id:edamame0416:20200916191424j:image

ヌプカの里というコテージを通り過ぎて更に進むと大きなワインディングカーブが待ち受けていました🚵‍♀️

f:id:edamame0416:20200916184636j:image

 

士幌高原を降りてから農道で横移動してナイタイ高原へ

 

ナイタイ高原は全長6.9km、平均勾配4.7%

ヒルクライムレースも開催されているコースでコース全体高い樹木がなく開けた草原の中を登り進んでいく道でした。

f:id:edamame0416:20200916200925j:image

大きなアップダウンを繰り返しながら7%前後の登りが最後まで続くコースです。

ここは北海道では急勾配らしい…改めて埼玉の平均10%が普通なのは異常ですね(*´ -` )

 

頂上からは十勝平野を一望できます。

開放感の溢れる景色。

f:id:edamame0416:20200916201037j:image
f:id:edamame0416:20200916201034j:image

#あそこがマルセイユ の小橋さん🤔
f:id:edamame0416:20200916201031j:image

 

さて、美味しいカレーを食べよう…!

カレー屋までゴリゴリ踏んでいったら、まさかのカレー完売で閉店でした🤦🏻‍♀️

本日一番のショック案件…

大雨で体温回復させる大休憩で大幅予定より遅れたのがいけなかったですが…まさか1時半で売り切れるとは…さすが人気店。

カレー屋を目の前にして補給食を食べる2人の惨めさ……

 

ここから帯広市まで残り42km。

15時には戻らないといけないから、仕方なく林道カットして最短ルートで帰還。

小橋さんの引きについて行くだけでしたが、1時間10分ノンストップ……しんど楽しかったです。🤣

 

観光なり道に迷ったりと止まった時間は長かったけれど、アップダウン山込みで走行アベレージ29.1km/h。

160km、1922mアップ。

小橋的にはゆるポタでしたが、私にとっては普通にいい練習になりました(´ー`)

2000は行きたかったなあ……この天候はしゃあない。

とりあえず目当ての士幌とナイタイ行けたから大満足🚵‍♀️🙌

f:id:edamame0416:20200916201926j:image

終了後、恐れ多いながらけ~すけさんの進行で小橋さんと2人でトークショーさせていただきました。

当日の走行ルートの話や、お互いの走りを見た感想などなど…

小橋さんとはフィッティングでお会いしましたが、実際一緒に走るのは今回が初めてでした。

いかにもロードレーサーの走り方で、アップダウンの処理からペーシングと加速の仕方まで。上手に全身を使えていて、ペダリングの際背中が綺麗に泳ぐ、ダンシングもしなやかで、後ろを走っているだけでとても勉強になりました。

 

今回ゲスト参加表明してから、FacebookInstagramで参加者や地元の方々からメッセージ何件も頂き、当日も参加者の方々と沢山お話できて本当に嬉しかったです。

北海道の峠道情報もいろいろ聞けてまた行きたい場所が増えました。(*´ -` )

ひと足先に冬を味わった寒い日でしたが、北海道の温かさに沢山触れたイベントでした。

f:id:edamame0416:20200916210156j:image
f:id:edamame0416:20200916210200j:image

 

今回のイベントは十勝毎日新聞北海道新聞夕刊にも取り上げられました🙌

f:id:edamame0416:20200916205237j:image

f:id:edamame0416:20200918074453j:image

ヒルクライムの良さ……

そうですね。

普段用がなければ絶対いかないであろう峠道や細い林道をわざわざ入っていく。

1本脇に入ればまったく知らない道…

そんな住み慣れた町でも、

新たな魅力に気付かせてくれる遊びだと、私は思っています。

 

 

ちなみに、

イベントはとても好評でしたので、来年も開催の方向で動いているらしい…😎

次はパワーアップして、1泊2日の要望が出ていたり、グラベル部門新設なり、キャンプ要素も入れるなり……

すべて確定ではありませんが、夢いっぱいの企画に向かっております✨

興味のある方、是非続報をお待ちください🙌

 

最後に思い出写真をバッ

味噌ラーメンと帯広名物豚丼

f:id:edamame0416:20200916210408j:image

セコマのカツゲンとあずきアイス
f:id:edamame0416:20200916210535j:image
f:id:edamame0416:20200916210538j:image

参加者の方から頂いたぺろぺろキャンディ

f:id:edamame0416:20200916210345j:image

当日来たフォロワーさんがくださった缶バッジ

f:id:edamame0416:20200916210848j:image

レーズンバターサンドで有名な六花亭の本店
f:id:edamame0416:20200916210348j:image
サクサクパイ
f:id:edamame0416:20200916210353j:image

帯広ソールフード・インデアンカレー
f:id:edamame0416:20200916210356j:image

f:id:edamame0416:20200916210405j:image

北海道土産
f:id:edamame0416:20200916210400j:image

 

記事を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

灼熱のバーニングマンレースに参加した話

どうも、篠です。

今回は8/30に熊谷で行われたバーニングマンレースに参加した話をしようと思います。

f:id:edamame0416:20200831234733j:image

バーニングマンレースとは?

f:id:edamame0416:20200831105623j:image

HP

BURNING MAN RACE

ひと言でまとめてと、灼熱の熊谷で物好きが集まって自転車に乗るイベント

…ではなく、

熊谷スポーツ文化公園内の一周2.8kmのオリジナルコースを制限時間いっぱい周回し、周回数を競うエンデューロ形式のレースです。

 

正直参加するまでは、「熊谷暑いか、ふーん」

程度とか思わなかったけど、マジで舐めてました。ごめんなさい。

立っているだけでライフゲージが減っていく暑さでした(笑)

 

でも知り合い沢山いて走るだけではなく、応援もめちゃくちゃ楽しくて、暑さが吹っ飛ぶぐらい充実した一日。

あらためまして、参加なさった皆さんお疲れ様でした!

 

今までヒルクライムレースには参加しましたが、実はエンデューロレースをちゃんと走るのは初めてです。

今回はエンデューロ初心者目線ながら、覚えている限りのレース展開を綴りたいと思います。

 

YouTube動画

https://www.youtube.com/watch?v=m2lmNmwL32M

 

エントリーしたカテゴリーは

「ペア男女混成2時間」

2人で交代して2時間走る感じです。

ペアは旦那のしょっとこ。

 

 

・出走順&出走時間問題

2人で相談してみた結果、せっかくエントリーしたしいっぱい遊びたいから、1人1時間ピッタリ走ろうという感じに落ち着きました。

先発はスタート直後は密集する時間が多く落車のリスクも高いけれど、集団走行の経験を積みたかったから先発は私で、後発はしょっとこに決まりました。

 

・試走

9時~受付開始

11:00~11:20試走

11:30~本番スタート

というスケジュール。

試走はしょっとこと2周回りました。

危険コーナーと路面確認だけ。

私よりロードレースの経験があるから走りながら何を気をつけた方がいいか教えてもらえた🙌

なお、本番は交代で走るから2人で一緒に走っている写真はこれだけ*\(^o^)/*

f:id:edamame0416:20200831212428j:image

 

・本番

なんだかんだで試走から帰ってトイレ行って、ボトル用意するなりでギリギリになったから、待機列に並んだ時は後尾。

GOCHIメンのひろみさん、りゅーた、ひがしぃ見つけたから隣に並びました。

今回は別チームだけど知り合いがいると心強い😭(初参加だからめっちゃ緊張してた…)

f:id:edamame0416:20200901195721j:image

正午に近づくにつれて気温が上がり続け、出走した時はもう35℃越えているかしら…

ダブルボトルにしたけれど、スタートラインに並んでいる時ボトル半分なくなったのは笑いました。

 

コースはこんな感じ

f:id:edamame0416:20200831223056j:image

赤い印がスタート&ゴールライン

左周り。

公園内なので基本的にコーンで区切って作られたコースで、段差や石畳区間、舗装違いの区間が存在します。それによって路面のグリップも変わるのでいろいろ気を遣うところが多いです。

f:id:edamame0416:20200831234906j:image

一周目はローリング

先頭がさいたまプロジェクトチームを越さないように一周目はゆったりペースで進み、

かなり密集した状態でコーナーを曲がるのでめちゃくちゃ怖い😇

一周目で早速バックストレートのゴムシートの段差で誰かボトル落としてて、早くもマリオカート状態に…(いろいろ試しましたが、結局この段差は全部ジャンプで乗り越えることにしました)

少しずつ位置を上げていき、2周目のリアルスタート時には中間ぐらいまで行きました。

f:id:edamame0416:20200831234949j:image

2周目が一番ペース速かったかな…

スタートラインからゴリゴリ踏んで、最初のコーナーでピタッと減速してまたゴリゴリ踏み始めて、次のヘアピン石畳コーナーで止まるスピードまで落ちてまた踏むの繰り返し😇

データ見返したらすべての立ち上がりが500~600wだったらしい

f:id:edamame0416:20200901003949j:image

f:id:edamame0416:20200831235228j:image

でもそれも束の間で、2周目の後半で大集団の先頭と少し離れて、ホームストレートからの左コーナーのインターバルで完全に分断。

今回は1時間しか走らないのである程度の上げ下げはついていけるけれど、自力で追いつくのは無理なので、ここから足の合う人を探すことに。

集団らしきものは見当たらず、手短にすぐ傍にいた人達に「一緒に行きましょう」と声をかけてみました。

こんな小娘についてきてくれるか不安でしたが…これは多分その時の写真、めっちゃ爆笑してる。🤣

f:id:edamame0416:20200831235411j:image

 

少し先頭を走って、後ろから追い抜かれるとつかせてもらうのを繰り返している間、一緒に走る人数が増えて5~7人になりました。

後ろにつく際は「すみません、少しつかせてください」と声をかけてみましたが、大抵快く承諾されるので、サイクリストに紳士は多い…😎

 

今回コーナーの立ち上がり、昔だと絶対ちぎれるだろうというところはほぼ全部ついていけたから、嬉しかったです。

1人だけフルもがきだけど(笑)

f:id:edamame0416:20200831230834j:image

意外とバーンッと上げてもほんの2~5秒で、次のコーナーまでちゃんと回復するから、ある程度の上げ下げなら何とかなることが分かりました。

一瞬頑張ればあとは楽できるけど、ちぎれたら単独で追いつくのはほぼ不可能…

 

とにかくコーナーを安全にこなして、その後に全力で追うのを繰り返しました🤣

「落車したら自転車没収だからな」がしょっとこの普段からの口癖だから、
ホームストレート通る度にプレッシャー半端なかった…

没収されたら乗れなくなるから超安全運転でした…

f:id:edamame0416:20200831235827j:image

 

4周目以降

完全にバラけてコースがかなり走りやすくなったので、少し動いてみることにしました。

走り切るだけなら後ろについた方が無難ですが、今回1時間しか走らないからちゃんと仕事しよう。

マッチ使い切って死んでも、交代したらしょっとこがどうにかしてくれるだろぐらいの気持ちでした。せっかくエンデューロ走るしやってみたかったこと全部やってみよう🙌

 

中切れが起きた時に埋めてみたり、違うトレインに乗り換えたり、ローテ回したりと…

f:id:edamame0416:20200905164157j:image

しばらくはこの5人で走っていた気がします。

f:id:edamame0416:20200831224837j:image

デベルのお兄さんは「おっ、金子さんジャージじゃん!」って後ろからナンパした気がします(笑)

ゆるガチのクロさんはTwitter繋がりですが会うのは初めてで、いろいろ話しながら走れて楽しかったです🙌

f:id:edamame0416:20200831235342j:image

交代後に分かったけれど、手当り次第かき集めたこのメンバーが実は第2集団だったらしい…衝撃。

 

10周目ぐらいからみんな疲れの色が出始めて、ローテ回らなくなった感じ。

正直自分も暑さで脱水なのか、ふくらはぎがぴきぴきする…

でもこのペースなら全然許容範囲なので、私の持ち時間的にあと3周目は回れそう。

クロさんと交代して前に出たのはいいけど、

バックストレートえらい向かい風で240w維持でも35km/h出るか出ないか…

前に出たところでスピード伸びなくて申し訳なかったです(-人-)

 

ラスト3周はとにかく正午の気温や疲労にやられてコントロールが狂ったり判断が鈍るのが怖いから、慎重にライン変更やコーナーリングをこなしました。

何とかこのメンバーでバラけずに13周目まで走れたので大満足です!

12周目で「自分次の周でおります」と伝えて、ラスト500m先頭走ってピットイン。

 

反省

前半1回だけコーナーのコーンまで追い詰められて目の前に人がいて焦ったけれど、「後ろにいます!」って声出したらちゃんと気づいてくれました。

石畳のヘアピンコーナーで1回膨らんでしまった時も後ろの方に迷惑かけたので「すみません」と伝えました。

集団でコーナーを曲がる経験が少ないから前との間隔の開け方が最初はあやふやでした

レース中声出し大事だということは身に染みて分かりました。

ホント助かりました。

危険を知らせるなり、集団形成なりエンデューロレースはコミュニケーションですね。

第2集団もっと早めにローテ回るように促せたらみんなでもっと楽な速く走れたのではないかとレース終わったあとにずっと考えていたけれど、信頼関係もですが走力含めてお互い知らなすぎたから、走行中もっと会話交わせたら良かったなあ…と。せめてどれぐらい余裕あるか分かれば?

 

終わってみて

1時間L7を5分34秒とか…過去にないグラフでした(笑)

最大パワー636w、

600w2回、500w越えを15回やってる。

体重48kgやぞ😇

 

でも約三分の一足止めてるから、

平均パワー168w、NP180w

という

ちゃんとエンデューロらしい走り方できたのは今回の大収穫かな。

(いつぞの大磯クリテで最高のアシストをした情けない記憶が蘇る…🤦🏻‍♀️)

f:id:edamame0416:20200831233120j:image
f:id:edamame0416:20200831233117p:image

 

交代後

 

第2集団キープで第1集団と周回遅れにならずにしょっとこにバトンタッチ成功。

気温は37℃に昇る…

f:id:edamame0416:20200831235612j:image

しょっとこはなんだかんだで足は元気だから1人テンポペースで走るもいい集団に出会わず…30分一人旅🤣

これ見て、私後発じゃなくて良かったって心底思いました(笑)

こいつ遊んでやがる。

踏むといつまで経っても第1と合流できないから、少しずつペース落として第1集団と合流する方向に切り替えた模様。

 

合流した後はしょっとこめっちゃ楽しそうでした☺️

やっぱりエンデューロは人と走った方が楽しい

最後にちょーろーをゴールに送り届けて満足した顔をしてやがる。

f:id:edamame0416:20200831234342j:image
f:id:edamame0416:20200831234338j:image
f:id:edamame0416:20200831234334j:image

「交代であなたが2位だったら頑張ったけど普通に1位キープだから楽できたわ」とか言われて、いや、もっと頑張れや( '-' )ノ)`-')

ただ遊んだだけじゃん( '-' )ノ)`-')

 

何はともあれ、楽しそうでなにより。

私も下りるまで普通に集団走楽しすぎて順位のこと完全に忘れてた…実は。

 

最終的に

2時間27周

私が13周、交代後しょっとこ14周。

一周目のローリング以外

4:30前後のペースで安定して回れたようです。

2人とも落車なくトラブルなしに終えたのは一番嬉しかったです!

この暑さの中で走り切れたことも自信になりました。🙌

周りを観察しながら走るなり、いろいろ勉強になった一日でもあります。

ヒルクライムTTとは違って、パワーを出し続けるよりも自分が出せる範囲内でどう使ってどう動くか、それを考えて動くのが楽しいレースでした。

 

f:id:edamame0416:20200831234441j:image

f:id:edamame0416:20200831234602j:image

しょっとこ
f:id:edamame0416:20200831234605j:image

ローリングとピットイン込みのデータ。

f:id:edamame0416:20200901103458j:image

去年まではインターバルが苦手で瞬発力皆無だったのですが、普段平地と緩斜面でしょっとことバチバチしてたのが為になった模様…

上半身強化してから瞬間出力が目に見えて伸びました。まだまだ全然ですが体の連動が少しずつ取れてスピードが乗る出し方に変わってきています。

トレイン走行やローテに関しては本当な2年前から参加させて頂いたあさめし練のおかげです。また調子整えたら参加させてください。(-人-)

 

エンデューロで怪我しないのが最大の目標だったので、

優勝できたのはサプライズでした。

途中で一緒に走ってくださった方々、サポート&応援してくれた皆さんありがとうございました。

f:id:edamame0416:20200901000152j:image
f:id:edamame0416:20200901000147j:image

そしてなんと、

チームぼんじりさん全員表彰台に乗りました!今回のバーニングマンは大勝利*\(^o^)/*

f:id:edamame0416:20200901000331j:image
f:id:edamame0416:20200901000328j:image
f:id:edamame0416:20200901000335j:image

GOCHIメンも優勝入賞多数で嬉しかったです*\(^o^)/*

 

走るだけではなく、知り合いいっぱいいるから応援もめちゃくちゃ楽しめて、

エンデューロ楽しいってなりました。

これはまた走りたくなりますね(*´ -` )

 

また1つ楽しみ方が広がったのでバーニングマンに誘ってくれたチコたんうめちゃんありがとう🙌

 

 

NOBさん、こしあんさん、かっしーさん、mickさん

お写真ありがとうございました!

飛騨牛を食べに行く弾丸一人旅の話

どうも、篠です。

今回の更新は私の一人旅の話です。

f:id:edamame0416:20200821231211j:image

目的地は岐阜県高山市

と言ってもほぼ飛騨との境界線までいくので、地図で見ると埼玉からは結構離れている

f:id:edamame0416:20200821160845j:image

 

8/19夜勤中、唐突に「飛騨に行ってみたい」と思い立って、その場で宿予約したのが事の始まり。

 

家からフル自走も一瞬頭を過りましたが、さすがに寝ずに走るにはハード過ぎる道程だから、丁度いいところまで輪行することにしました。

全部で190kmほど、3700アップの予定。

 

スタート地点に選んだのは

JR中央線富士見駅

f:id:edamame0416:20200821162536j:image

山梨県と長野県の境界線。

通常岐阜まで抜けるなら茅野、塩尻、松本(現在安房峠通行止めなのでなし)を選ぶでしょう。

私がこの中途半端な場所を選んだことには訳があります。

 

そう、気になっている道があったんです……

富士見駅のすぐ近くに登り口がある

 

入笠山

という、あまり名前を聞かない山です。

舗装路で行ける山頂は標高1800mほどとちゃんとした山岳ですけど、全然名前を聞かない…不思議。

f:id:edamame0416:20200821165409j:image

実際私も地図をまじまじと眺めるまではこの道の存在に気が付きませんでした。

そう、実はMTBの方にはお馴染みの富士見パノラマMTBパークのある山です🙌

 

麓から9.2km登りっぱなし、平均勾配8.4%、828mアップのれっきとしたヒルクライムコース。

序盤の4kmは平均9%、最大14%と急勾配多め。

後半は落ち着いてくる感じですが基本的に8%前後と時々緩斜面。

沢入登山口の駐車場より上はマイカー規制区間になり、対向車も追い抜きの車も来ないのでかなり走りやすくなります。

自転車は規制対象外なので、車止めのところで警備員の方に挨拶して登っていく🚵‍♀️

f:id:edamame0416:20200821170337j:image

全体的にどこに似てるんだろう……小諸の地蔵峠や車坂峠と同じぐらい。距離は2km短いかな。

ほんとの峠までは一度大きく下って左折でゴールですが、もうここゴールでいいでしょうってぐらい素晴らしい展望台があったので止まりました(笑)

f:id:edamame0416:20200821170519j:image

富士見と八ヶ岳を一望できる…

朝10時時点で標高1800mは26℃と程よい涼しさ。

f:id:edamame0416:20200821170552j:image

何より素晴らしいのは、

この道は行き止まりではない。

舗装路の林道で尾根を登ったり下ったりして、茅野付近にある杖突峠頂上まで繋がってるいるのだ……

f:id:edamame0416:20200821165353j:image

まさに旅に最適の抜け道✨

山頂からは一度大きく下ります。

登ってきた道と比べて結構道が荒い印象。

亀裂などではなく細かく波打っている路面なので厄介です。普通に下ってたらリム打ちする道なので抜重しっかり。

この下りで今日イチの初見殺しグレーチングに出会う。

f:id:edamame0416:20200821174438j:image

頂上付近に牧場があったので、牛止めのグレーチングですよね…これ横から踏んだら足がハマる😎

 

杖突峠まで出て見ると、茅野側は特にマイカー規制表記が出ていなかった…通りで山頂付近の分岐林道で普通にマイカー何台かとすれ違った訳だ……

え、何気にガバガバ規制……?

f:id:edamame0416:20200821175250j:image

杖突峠を伊那方面に少し下って右折、林道を往く。

松尾峠という約1kmしかない登り、これもほぼ10%。

f:id:edamame0416:20200821175407j:image

当初抜ける予定の日影入林道は通行止めだった…林道工事現場のおじさん少し話をする。

「どこにいくの?」

 

「ええと……岐阜、飛騨あたり?」

 

「岐阜?」

 

「…岐阜?」

 

「岐阜!?」

 

3回聞き直された(笑)

おじさん情報によるとこの林道は舗装路時々未舗装らしいから、ロードバイクでは通らなくて正解だったかも🙌

 

f:id:edamame0416:20200821175625j:image

もみじ湖まで一気に下ってまた登り返して辰野まで下るという超絶遠回りをやりました。

f:id:edamame0416:20200821183044j:image

442号線の途中にある集落まで55km1700mアップですが、入笠山山頂の小屋以外お店らしいものもなく、自販機もなかったから、真夏はサバイバルルートかもしれない…

気になって走りに行かれる方はお気を付けて🤣

 

本日の最難関ミッション

木祖村に抜けよう!

木祖村まで大抵塩尻から19号線で真っ直ぐか、辰野より下の方に行って361号線の超絶長い権兵衛トンネル(4.5km)を抜けるの2択ですが…

トンネル絶対嫌だし、19号線はトラック地獄でできるだけ長く走りたくないから

f:id:edamame0416:20200821184024j:image

今回は地図の✨印、153号線と19号線を跨ぐ道、県道254号線に行ってみました。

小野と贄川宿を繋ぐ道?

f:id:edamame0416:20200821184403j:image

うむ、大正解🙆‍♀️

200mほど登る+交通量皆無。

私得でしかない。

f:id:edamame0416:20200821184510j:image

19号線に抜けてからしばらく19号線まっすぐ走ってコンビニにピットイン。

ここまで90km経過。残り95kmあるけど、境峠と野麦峠を登るだけだから割と気が楽。

今回の全行程こんな感じだけど、

f:id:edamame0416:20200821204320j:image

富士見駅からのくねくねだけで2000m登ってるから後半の登りは緩やかな道多めで走りやすい。実際進むに連れてアベレージが上がっていく…

f:id:edamame0416:20200821204351j:image

かなり気温が高く、木祖村で35℃。

日射がじりじり……

水分補給しっかりして、スイカバーとバナナとおにぎり食べて境峠に突入。

f:id:edamame0416:20200821204200j:image

最初は青空が広がっていましたが

f:id:edamame0416:20200821204203j:image

走り出して20分後に妙に冷たい風が吹き始め、進行方向の遠くの空が暗黒

f:id:edamame0416:20200821212658j:image

そして峠手前2kmで雷の音が聞こえてきた。

そろそろヤバいかな……と思いながら進むと

対向車に水滴がついているのが見えた

 

境峠越えるとしばらくなんもないから、峠手前に確か別荘地あった気が……

「よしそこで一旦止まろう」と決断。

 

本当にナイスタイミングで、屋根に入ったと同時にバケツをひっくり返したような雨が降ってきた、セーフ🙌

にしても耳が痛くなるほどの雷音、かなり近くに落ちているようだ。

ちょうど別荘の主人のおじいちゃんが出てきて、しばらく雨止みそうにないから庭でくつろいでてと、お茶会に招待してくださいました。

思わぬ出会い🙌

おじいちゃんおばあちゃんの集まりでみんなとっても親切でお菓子と飲み物をご馳走様になりながらいろいろお話できました。

 

15時半に雨宿り開始、1時間経ってもザーザー降り続け、止みそうにないから、いよいよ野麦峠越えが怪しくなってくるが、野麦峠手前でも夜過ごすにも何も無いから、できたら越えて岐阜に抜けたい。

高山まであと75kmあるが、残り1000アップのみだからほぼ誤差。

日が暮れるまでに野麦峠さえ越えれば標高1000以下に戻れるから怖いものはない。

距離的に3時間あれば十分。

17時までに出れば間に合う…!

 

そしてめちゃくちゃ都合よく私の思惑通りに16:50頃から空が明るくなり始め、雨が小粒に変わった…

神よ、ありがとう。

 

おじいちゃんからの別れの餞別で、最強の雨具「ポリ袋」を頂きました。

めっちゃ心強いです、ありがとうございました!🙆‍♀️

f:id:edamame0416:20200821213552j:image

境峠を下って野麦峠に入ると、路面はほぼドライで、こっちはそれほど降ってなかったみたい。

f:id:edamame0416:20200821223221j:image

43分ぐらいで野麦峠登頂。

11km630アップの緩やかな峠でした。

f:id:edamame0416:20200821224509j:image

そこから夕焼け眺めながら下山、岐阜へ。

道中でカモシカと猿とタヌキに会った。
f:id:edamame0416:20200821223214j:image

長野側の森感に比べて、岐阜側の野麦峠はなかなかエモいコースレイアウトでめっちゃテンション上がった、次はこっちも登ってみたいなあ🚵‍♀️
f:id:edamame0416:20200821223224j:image

あとは高山までひたすら下り基調のアップダウンとトンネル。

長いトンネル多かったけど交通量皆無だから全然ストレスではない。

高山までラスト25kmは真っ暗だったけど、市街がかなり近かったから安心して走れた。・*・:≡( ε:)

f:id:edamame0416:20200821224950j:image

f:id:edamame0416:20200821225005j:image

無事20時前に宿についてチェックイン完了。

この日は184.6km、3719mm↑

雨で予定のルート一部カットしたけれど、走りごたえのあるライドでした🙌

f:id:edamame0416:20200916030624j:image

しっかりお店で飛騨牛も堪能…

ライド後の肉は美味い(*´ -` )
f:id:edamame0416:20200821225455j:image

 

 

翌朝

朴葉味噌焼きで食べる白米は最高に美味いことが分かった。3杯ペロリ。
f:id:edamame0416:20200821225437j:image

松本から帰る予定でだったが、安房峠が災害の影響で通行止めなので、急遽バスで離脱することを決めた。

コロナウイルスの影響でバス減便運行、

8/31まで高山~松本までの最終バス12:50。

f:id:edamame0416:20200821225433j:image

平湯温泉まで走ってもいいけど交通量あるしせっかくだから、バスの時間に合わせて午前中軽く高山市内を散策することに。
f:id:edamame0416:20200821225415j:image
f:id:edamame0416:20200821225447j:image
f:id:edamame0416:20200821225450j:image

焼きたて五平餅めっちゃ美味かった(*´ -` )

大して走ってないけど食ってばっか。
f:id:edamame0416:20200821225419j:image

飛騨民俗村の裏の林道をぐるっと回って帰るだけの29km、810mアップ。

宿のすぐ裏に山があるの最高すぎる。

f:id:edamame0416:20200821230731j:image

バスに乗る前に飛騨牛しぐれ煮と飛騨パインを購入……完璧✨
f:id:edamame0416:20200821225424j:image



今回境峠以外は初見の道だったから、常に新鮮で楽しかった…いろんな出会いもあってつくづく旅は心が豊かになると思えた。

次は2泊して白川郷とその更に先も行きたい。

また思い立ったら旅に出よう。

気ままに、マイペースに。

f:id:edamame0416:20200821234152j:image

 

西伊豆に潜む幻のエモい林道・祢宜畑倉見線

どうも、篠です。

今回の更新は私の推し林道を布教するだけの記事です。

 

先日、西伊豆を探索していたら素敵な道を見つけました。

登り口がこんな感じ。

f:id:edamame0416:20200725220534j:image

山にハマって5年目の経験上、

伊豆みたいな山岳だらけでマニアックなヒルクライム好きがよく訪れる地域では、
ストラバにセグメントが存在しない6kmの登りはなかなか珍しい…

今回の走行ログから作ってみて気がつきましたが、そもそもストラバの地図に道の線がありませんでした(笑)

 

それほど見つからない場所に潜んでいたロマンのある道でした。

 

祢宜畑倉見線

西伊豆町の県道410号と県道59号の間に、

それがありました。

f:id:edamame0416:20200725221543j:image

f:id:edamame0416:20200725221632j:image

県道410号といえば、お馴染みの西天城高原の家経由で仁科峠に繋がる急坂峠ですが…

今回はその410号の始点から脇道に逸れてみました。

 

ポツポツと民家が点在する細い道を抜けた先に、林道らしき入り口がありましたが、

思いきりグラベルです(笑)

f:id:edamame0416:20200725222237j:image

やはり道はあっても舗装は無いのか……と凹む。(過去伊豆で大鍋越を走りましたが、頂上でグラベルになって、4km程歩いて下った思い出が…)

この日は何故か諦めきれず、少し奥に進んでみて様子を見ることにしました。

 

でね、まさかの100m先で舗装が復活!

林道の標識を確認したら

延長12km(登り区間6km)のちゃんとした林道でした。
思わぬ大当たり✨

f:id:edamame0416:20200725220534j:image

f:id:edamame0416:20200725224520j:image
実際未舗装区間は地図の赤い部分だけというオチ

f:id:edamame0416:20200725222917j:image

普通はロードバイクだと引き返してしまうグラベルの入り口

まるで人を寄せ付けないような雰囲気を醸し出すこの道は一瞬で好きになりました。(*´ -` )

 

入り口からいきなり15%越えでやばい気配がプンプンするし、どストライク…

ドキドキワクワクしながら登り進む。

f:id:edamame0416:20200725224703j:image

ひと言でまとめると、

平均勾配詐欺林道

伊豆で走った様々な急坂峠の中でもトップレベル。

走り終わってデータ見ても6km平均勾配9.2%

ですが、ちょったした平地と下りが2回入るから平均勾配詐欺が激しい林道です。

15%超えが続く区間が長い(笑)
記憶の中で1番近いのは長野県の下栗の里までの道かな…いい勝負です。
f:id:edamame0416:20200725225614j:image

基本的に許容範囲の路面の綺麗さですが、突如に現れる道半分砂利の箇所や大きな穴が空いているところも多く、マニア向けの道という認識でOKです。

落石を律儀に避けて抜重気をつけないとパンクしやすい道でもあります。
f:id:edamame0416:20200725225631j:image
f:id:edamame0416:20200725225619j:image

中盤以降は開けた景色も多く、

ガードレールの道標よく見たら平成10年に完成された道のようで…

もう20年以上の歴史があると思えば、相当綺麗に保たれてる林道。

ここの所豪雨で県道まで崩れているのに、まったく…強い林道だ😎
f:id:edamame0416:20200725225622j:image

途中林業のおじさんとすれ違って、「よくこんなところ登ってきたね、自転車見るのは初めて」と言われて、

日本各地でこれを聞くの何度目だろ……とちょっと笑ってしまいました。

「お邪魔しております!🙌」

「頑張ってね😎」

ちゃんと林業が生きている道なので、こうして綺麗に保たれているんだなあ…と心の中で合掌(-人-)
f:id:edamame0416:20200725225626j:image
f:id:edamame0416:20200725225635j:image
頂上手前で一度大きな下りがあって、そこから300mほど15%超えの登り返しがあります。

最後でトドメ刺してくる感は嫌いじゃない🙌

ちなみに、ラストは木陰皆無で坂よりも陽射しがしんどいかもしれません。

 

頂上は三叉路になっていて、現在真っ直ぐいく方向が通行止め、

右に曲がるキャンプ場経由で59号線に抜けられる道は開通されていました。

f:id:edamame0416:20200725230831j:image

かなりゲート大きく空いておりますが、

このブログを読んで興味を持ったとしてもうっかり通行止めの道を通らないようにお願い致します。

 

右に曲がって下っていくと、オートキャンプ銀河というキャンプ場があります。

キャンプ場までは流石車の通りが少ないからか、かなり道荒れていて落ち葉だらけ🤔

キャンプ場より下はだいぶ綺麗になります。

一つだけ注意点がありますが、

グレーチングが殺人レベルの配置です。

目立たない穴空いてたり、1個だけ裏返しだったり…グレーチングが見えたら心の準備した方がいいです🤣

行かれる方は用心して下りましょう。

f:id:edamame0416:20200725231627j:image

59号線側から登ると6.8kmで同じ上昇量です。

比較的に緩い区間が多いですが、今回登った方向を下るのはなかなかテクニカルでオススメしないので、410号→59号の回り方がオススメ🙌

 

キャンプ場側の道もなかなか雰囲気よくて思わず立ち止まって写真撮りました。

f:id:edamame0416:20200725231858j:image

f:id:edamame0416:20200725231743j:image

今回の探索に至った経緯は、とにかく海沿いの長いトンネルを通りたくない!が理由でした。

f:id:edamame0416:20200725233537j:image

トンネル回避できるならいくらでも登ります、というかむしろ登らせてくださいタイプの人間ですから、この林道に出会えて本当によかったです。

 

正直この道は全ての人におすすめできるところではないですが、またルートに入れたいと思えた素敵な道なので、マニア向けにブログ書きました。

ストラバでセグメント作りましたが、私と同行者を含め、過去4人しか走っていない超絶マイナー林道……(笑)

過去20回以上訪れた伊豆にもまだまだ未踏の道が沢山あるから、これからも気になった道をどんどん走っていこうと思います。

 

走りたい道は、走れるうちに、走っておこう。

オリジナルサコッシュの再販について

どうも、篠です。

今回はオリジナルサコッシュの再販についての記事です。

 

気がつけばYouTubeチャンネル登録者数2.1万、Instagramのフォロワー数も2万に乗りました…

いつもいいねとコメントありがとうございます!
すべて返し切れませんが、全部読ませて頂いております。

これを機に、よく問い合わせ頂くオリジナルサコッシュの再販を考えています。

 

そう…実は去年受注生産でこんなサコッシュを作りました。

f:id:edamame0416:20200705170749j:image

最近YouTube動画のシーン切り替えでも使っているロゴです。

 

とにかく主張が激しいサコッシュです…(笑)

 

ここ何年間「山は性癖」という言葉について賛否両論で、ここまで広まるとは思ってなかったのが素直な感想…

自転車ブログを始めるのになんかいい名前ないのかな…ってふっと思い浮かんだ言葉で今も使い続けています。

 

元々弱虫ペダルから自転車にハマったオタクで、山に魅了されてからは山のことばかり考えるようになりました。

 

半分ネタで使い始めた言葉ですが、

今あらためてなんでこれを使ってるの?って聞かれると、

「私にとっては好きの最上級に当たる言葉だから」

 

と答えますね。

f:id:edamame0416:20200705172131j:image

サコッシュ本体の色はライトグレー、柄はディープパープルです。

 

わざと少し文字を崩しているため、

堂々と書いてあるのに、自転車乗りでもなく、「山は性癖」という言葉を聞いたことがない人には瞬時に読めないというのがミソです✨


f:id:edamame0416:20200705172417j:image

デザインは個人の好み全開で細かいところにモチーフを仕込んでおきました。

 

 

「山は性癖」サコッシュ | Shino's base

こちらのリンクから注文を受付けます。

 

よろしくお願い致します。