山は性癖です。

ヒルクライムは芸術、峠道はロマン。そんな人の日常。YouTubeに車載動画を上げております⇒https://www.youtube.com/channel/UC28MD_W9WmDCoetAcFCGpBg

千葉・房総グランフォンド2019。灼熱の中の180km、4100mup

どうも、篠です。

今回の更新は先月の8月17日に参加した鹿野山ビューホテル&ボーソークライマーズ主催の「房総グランフォンド2019」について書きたいと思います。

 

現時点、房総半島は台風15号の被害で大変なことになっています…

とてもいいイベントだったので、復旧していろいろ落ち着いたら、

坂バカの皆さん、是非千葉に遊びに行って、地元のお店を利用して、経済を回しに行きましょう!👍

 

では、本題に入ります。

 

房総グランフォンド2019

f:id:edamame0416:20190911180558p:image

実は去年から既に始まっていたイベントで、

鹿野山ビューホテル駐車場をスタート・ゴール地点とし、南房総の山岳を周回するロングライドイベントです。

 

通常のサイクルイベントと違って、

開催日にちは決まっておりません。

出走者が自分の都合に合わせて平日でも土日でも参加できることが特徴です。

 

今シーズンは3月21日(祝)から11月30日(土)まで開催。

春、夏、秋とそれぞれの季節を楽しめるロングイベントなので、年に何回走っても楽しめます☺️

 

ほぼ平地と言われている千葉ですが…

実は房総半島は魔境です。

最大標高400m未満の地域なのに、アップダウンを繰り返すことで獲得標高4000mも登るマニア向けのコース、

激坂もちょいちょいあるので、物好きには堪らないと思います。

 

昨年の完走率はなんと58%


坂バカ限定だったにもかかわらず半数がリタイヤとなってしまったようです🤔


そのため、

今年からは3つのコースが用意されました。


・A級コース

A級コース2019房総グランフォンド - ルートラボ - LatLongLab

中級者向け

距離121.8km 獲得標高2424m

想定所要時間8時間7分

・S級コース

S級コース2019房総グランフォンド - ルートラボ - LatLongLab

上級者向け

距離167.7km 獲得標高3477m 

想定所要時間11時間10分

・超級コース

超級コース2019房総グランフォンド - ルートラボ - LatLongLab

物好き向け(笑)

距離180.4km 獲得標高4049m 

想定所要時間12時間01分

 

走力に合わせたチャレンジができるので、

参加のハードルが下がって気軽にエントリーできるようになりましたね!🙌

 

参加費は一律2000円(税抜)

参加費には駐車代、完走証明書、ゴール後の大浴場利用費、完走者特典のアイスorホテル特製プリンが含まれるので、かなりお得では?と思います☺️

 

事前インターネットで申し込んで、好きな時間にスタートできます

⤵︎ ⤵︎

2019房総グランフォンドエントリー | ボーソークライマーズ

ただ、完走受付はホテルフロントで行うようになるので、
午前0時にホテル玄関が施錠され完走受付ができなくなります。

20時以降のゴールは一部特典が受けられない場合があるため、実質タイムリミットは20時といったところでしょう…

千葉の山は林道が多く、暗くなると動物も出てくるので、できるだけ明るいうちに完走したいですよね。

自分の脚力と相談してスタート時間決めて走ることをオススメします!

主催の鹿野山ビューホテルに前後泊もできるので、朝早めに出発したい方是非検討してください♡

 


もちろん、今回は、

超級にエントリー…‪(ง ˘ω˘ )ว‬

初めての房総半島というのもあって、せっかくなので満喫する所存です!

 

 

イベント当日

チコうめと一緒に走る予定を立てて、

元々朝6時半スタート目安でしょっとこと車で自転車を積んで移動していましたが、

まさかの蘇我辺りで車がエンジンブロー😇

 

相談した結果しょっとこが車を修理に持っていき、私だけ自走で向かうことに。

その決断に至ったのが朝6時。

 

8/17はかなり暑い日でした。

最高気温は33℃に登り、それに付け加えかなり強い南風。

正直、スタート地点の鹿野山ビューホテルまで53kmが一番辛かった気がします。

踏んでも踏んでも進まなかったね…🤣

 

既にスタートしたチコうめと連絡を取り合うも、時間差が激しいので、単独で進むことを決めた。

f:id:edamame0416:20190911170917j:image

結局グランフォンド本番に備えて脚を温存しつつ走ったので、

鹿野山ビューホテルに到着したのが朝9時。

ここから180km、4100mup走るのか……って気が遠くなりました🤦‍♀️

 

できるだけ明るいうちにゴールしたいので、19時ゴールを目指して、

自分で儲けた目標は

休憩を含め10時間以内に完走

その為にはグロスアベレージ18km/hで進むことが必要でした。

 

通常の山岳ライドなら、これぐらいは行けるだろうと踏んでいましたが…

思いのほか高い気温の影響が大きく、

千葉の林道の独特なアップダウンにも足を削られ、かなりの苦戦となりました。

f:id:edamame0416:20190911171227j:image

 

先程にも書きましたが、

房総半島は高い山がほとんどありません。

一番高い山がスタート地点の鹿野山で標高360m前後です。

その代わり、海沿いからの登りは急坂が多く、林道のほとんどは8%~10%以上、急勾配区間は約20%があります。

 

今回の房総グランフォンドも長いヒルクライムではなく、短い急勾配の坂を何度も繰り返すようなコースです。

 

長い登りがないので、当然ながら、長い下りもありません。

平地は向かい風で進まず、登りは急勾配、少し下ったらまたすぐ登り返す。

延々と登り続けている感覚になるのに、

標高はずっと200m台というミラクル地形✨

獲得標高だけが増えていきます✨🚵‍♀️

 

坂嫌いな人からしたらとんだ嫌がらせですね(笑)

でもこのコースにチャレンジする方はみんな物好きだと信じているので、相当楽しめると思います🙌

 

スタート直後にちょっとした別荘地に突入して、坂の上からの眺めはお気に入りでした。

半島らしい景色ですよね☺️

f:id:edamame0416:20190911171423j:image

 

20kmほど進んだところで、初自販機休憩。

しいたけ村という場所でしたね。何故かどこもキノコ売っているところはいい坂がある…

ホワイトサイダーを購入したら、パッケージ6種類のデザインランダムなのに、よりによって犯人🤣

f:id:edamame0416:20190911171733j:image

ここまで自走含めて73km経過。

ちなみにこの日全部で230km走って水分補給はおよそ6Lでした。それでも体重は少し減っていたので、夏は汗かくので本当に恐ろしい……

 

でも強風……しかも熱風……

お昼12時頃に鴨川のセブンイレブンで補給。この時点ではコースを60kmほど進みました、まだ三分の一。

地図を確認しながら進んでいましたが、細かい分岐などもあるので、道に迷いそうになったのが何度がありました。

f:id:edamame0416:20190911174127j:image

かろうじてアベ20km/h保っていますが、これからはさらに暑くなっていくからペースは落ちていく一方でしょう…🤔

 

消化しやすいおにぎり、ザバスプロテイン、大福など、とりあえず食えるものから食べました。途中に会った無印良品で大袋に入っている小さいパンを購入、ちょびちょびとドリンクで流し込んでいく。

暑さで胃腸が弱っているのか、消化が遅いように感じました。
f:id:edamame0416:20190911172924j:image

410号線の大通りのトンネルを抜けたあと、右折するととても素敵な林道。

林道に入ると、ほとんど車通りがないので、いい感じに自然を堪能しながらマイページに進めます。

f:id:edamame0416:20190911172914j:image

この日は先を急いでいたので、また余裕持って走りに行きたいですね(*´ -` )

 

コースの中でも上総亀山から海辺に抜ける林道が一番好きでした。

そこまで写真撮っていないので、貼るものがなくて申し訳ないですが、

ざっくり言うと、

飯能の奥武蔵グリーンラインを更に秘境っぽくして、アップダウンを激しくした感じです!雰囲気抜群です!林道マニア是非!

乁( ˙ω˙ 乁)))

f:id:edamame0416:20190911173407j:image

今回はワンボトルでもちゃんと自販機逃さず補充すれば持ったので、コース上の自販機の数は意外とあります。

ただコンビニは90km経過で海辺に出るまでないので、それなりに食べられるものを持って動いた方がいいですね。

自分は小分けの和菓子をリュックに入れて走っていたので、大丈夫でした!

 

15時過ぎの時点で残り70km。

ここまではほぼ予定通り…アベ19km/hぐらい。

もしかしたら19時前にゴールできるかも?

 

終盤の大福山に向かう途中で、車を修理に出してコースを逆回りで走ってきたしょっとこと合流。
残りコースは40km。自走含めて185km経過。
f:id:edamame0416:20190911172920j:image

大福山実は自転車乗り始めて2年目に一度訪れたことがありましたが、あの頃は林道を縦走する概念がなかったので、大福山だけ昇ってなんだ短すぎかと思って帰った記憶があります(笑)

改めて走ってみると、短いアップダウンを延々と走れてとても楽しかったです。

また行きたい道でした。

 

残り25kmまでは本当に順調でした。

 

ラスト補給は君津糸川店?セブンイレブン

あと少しなので、ここで気が緩んだのか…消化器の疲れもあってあまり補給取れませんでした。

過去1年間200km超えはほとんど走っていなかったので、スタミナが落ちたというのもあるでしょう……

そこから5km進んだところで急激なペースダウン。

よく考えば、全部で4000kcal以上消費してるから流石に補給し切れなかったんですね…初めてのやばいハンガーノック

汗が出っぱなしになるし体の熱が下がらないし力入らない。

何食べても飲んでも回復しないやつでした。

 

最後の鹿野山の登りは本当にしんどかった(;ω;)

久しぶりに登りながら生きてる!生かされてる!気がしました(笑)

 

結局目標にしていた19時ゴール間に合わず、19時5分に鹿野山ビューホテルに到着。

最後は夕焼け眺めながら登れていい思い出になりました。

f:id:edamame0416:20190911175608j:image

コースの高低図こんな感じでした。

ジグザグしかない(笑)

f:id:edamame0416:20190911175733j:image

ホテルで記念撮影!いぇーい!!

f:id:edamame0416:20190911175951j:image

f:id:edamame0416:20190911175943j:image

完走証明書!
f:id:edamame0416:20190911175940j:image

ガーミンの計測だとコース自体は3600mup程でした。
f:id:edamame0416:20190911175947j:image

朝の自走含めて230km近く、4045mup、

グロス13時間、走行時間11時間3分…

 

しんどかった🤣

 

でも楽しかった!!

 

 

と、かなりグダグダのレポートでしたが、

房総グランフォンド2019、気になる方!

是非千葉の台風被害が復旧したら、チャレンジしてみてください!

数値では表せないキツさと走ったあと得られる達成感があります👍

 

主催のボーソークライマーズさんがWeb告知しており、今週末にコースの状況を確認していくそうです。

今年はコース変更になるかもしれませんし、中止の可能性もあるのですが、

そうなったとしても来年にでも、是非走りに行きましょう👍

f:id:edamame0416:20190911180318j:image

公式サイト乗せておきます!

⤵︎ ⤵︎

鹿野山ビューホテル 2019房総グランフォンド開催! | ボーソークライマーズ

 

 

 

「山は性癖」サコッシュを作ります。

どうも、篠です。

今回はチラッとTwitterInstagramで告知したサコッシュのことを書きたいと思います。

 

今になってはキャッチコピーになっている

「山は性癖です。」

ですが、

実は最初はブログを始めるのになんかいい名前ないのかな…ってふっと思い浮かんだ言葉でした。

 

性癖(せいへき)とは、人間の心理・行動上に現出する癖や偏り、嗜好、傾向、性格のことである。

性的嗜好(指向)」とは異なる。

普段は性的嗜好という意味で使われることが多いので…ちょっと誤解されることが多いのですが……仕方ないです(笑)

 

「サガ」と「クセ」と分けて読むとわかりやすい単語だと思います(*´ -` )

 

2年前のことかしら…その頃まだTwitterもフォロワー4000人以下でしたし、小娘の戯れ言ぐらいの軽い気持ちで使っていましたが、

ここ2年間、いつの間にかいろんな方に見てもらえる機会が増えてきました…

Twitterでは1.2万?Instagramでは1.4万?滅多に更新しないYouTubeチャンネルも1万人以上の方に登録して頂き本当に恐れ多いですが、この場を借りてお礼を言わせてください。

いつも見てくださってありがとうございます。

 

うむ…

それで「山は性癖」が浸透し過ぎたせいか…もう今更変える気力が起きません🤣

ちなみに「篠」という名前も、コスプレをやっていた時代のハンドルネームをそのまま使っていただけでしたが…自転車を続けてレースにも参加するようになってから、サイクリストは本名を使う方が多いと知りました。

でも今更変えても違和感だらけなので「篠」をそのまま使っております。

 

某野菜栽培おじさんや某キルシュベルクのN川さんに「性癖さん」と呼ばれる始末…

初対面の方にも、性癖の人って覚えられることが多くなりました…

覚えてもらえるのはすごくすごく嬉しいですが、素直に喜べないというかなんというか、あれです。

せめて性癖の前に「山は」って付けてくださいwww🤦‍♀️

 

と、まあ…

半分本気半分ネタで使っていたブログ名が独り歩きを始めたとはこういうことです(笑)

 

今回は初めてのオリジナルサコッシュ制作ということで、

もう思い切って、

振り切ったデザインにしました。

イラストレーター久々に使いました…楽しかったです(*´`)♡

f:id:edamame0416:20190829014549j:image

 

現物はこんな感じです!

f:id:edamame0416:20190905134118j:image

結構細部まで綺麗に印刷して頂いて、感激です。

f:id:edamame0416:20190905134136j:image

鹿は頑張ってパスで書きました(*´ -` )

f:id:edamame0416:20190905134224j:image

「山が好き」を通り越した人向け??

とにかく主張が激しい人向けのアイテム???

f:id:edamame0416:20190829015742j:image

サコッシュ本体の色はライトグレー、柄はディープパープルです(ピンク色の細い線は実物に入りません)

 

わざと少し文字を崩しているため、

堂々と書いてあるのに、自転車乗りでもなく、「山は性癖」という言葉を聞いたことがない人には瞬時に読めないというのがミソです✨😎

 

デザインは個人の好み全開で細かいところにモチーフを仕込んでおきました。🙌

 

正直どれぐらい需要があるのかまったく読めないため、受注生産にしました。

⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎

 

shino1380926.booth.pm

 

 

こちらのリンクから注文を受付けます。

数を把握してから発注するので、サコッシュが皆さんの手に届くのは9月中旬以降を予定しております。

よろしくお願い致します。

 

追記:

思ったより早く数が揃ったので発注しました!少し余分に注文したので、まだまだ注文受け付けております!

9月10日までに注文頂いた方は9/16発送予定です。🙌

SHINO's Climb in ASO!熊本の阿蘇で130km3000mアップ走ろう🙌

どうも、篠です。

今回はイベントの告知をさせて頂きたいと思います。

f:id:edamame0416:20190818154209j:image

約半月前に急遽開催決定になりましたが、

9/22(日)熊本の阿蘇で山岳イベントができました!

走りたいところにイベントがなければ作ればいいじゃない?‪( ˙-˙ )✧‬←ウソ

主催のPAPICROSSさん、諸々調整や用意して下さって本当にありがとうございました(-人-)

オマケにイベントに自分の名前がつくなんて初体験で恐れ多すぎて…ビクビク

 

コースは2種類から選べます!

山が大好き!とにかく短い距離で沢山登りたい!という方も🚵‍♀️

山岳がそこまで得意ではないけれど、阿蘇の広大な景色が観たい!という方も楽しめます😆

 

がっつり130km3000mアップ

阿蘇の峠攻略大作戦コース(一部グラベルあり)

https://ridewithgps.com/routes/30802651

 

81km1500mアップのお手軽Ver.

②今日だけちょっと登ってもイイよコース

https://ridewithgps.com/routes/30802671

f:id:edamame0416:20190818155125j:image

 

前夜祭は熊本地元の肉屋さんが手配してくれる豪華BBQプランもあるので、みんなで肉を囲んで盛り上がろう乁( ˙ω˙ 乁)))

ちなみに、当日ライドイベントのみの参加は3000円です!

近場の方にも是非遊びに来て欲しいです!

 

宿泊施設として、公民館を解放して下さっていて、1人2000円で泊まれます。

風呂寝具の用意がないですが、近くに500円で入れる温泉があるという情報が入りました(*´ -` )

寝具に関しては真夏だしタオルケット持参で十分快適に過ごせそうです…

阿蘇旅をリーズナブルに済ませたい方には優しい御手配。

私もそちらに泊まる予定です。(-人-)

 

かなり直前になりましたが、これを機に熊本の阿蘇如何ですか??

エントリーはこちらから

⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎

https://forms.gle/sK8VVVCJ8kk9nT2s9

独り言

どうも、篠です。

ちょっとした独り言です。聞き流してください。

 

何か1つのことをやり続けていると、偏った見方をしやすくなるというか、自分に都合のいいように解釈する傾向が出てくるかな……と、最近よく考えます。

 

ロードバイクに乗り始めて5年前に突入しました。

最初に自転車で公道を走った時、車が自転車への配慮が少ないんだとか、幅寄せやらなんやらで苛つきを感じることも多々ありましたが、

今になっては同じ公道を走るのに自分が遅いとき車を詰まらせることに申し訳なくなることも増えてきました。

後車に道を譲った時にハザードで「ありがとう」と返してくれる方も多いし、逆に峠の下りなどで、車はどうしても小回りが利く二輪より遅いので、道端に寄せて譲ってくれる方にもよく出会います。

気遣いはお互い様だなあとつくづく実感します。

 

既にニュースで見た方もいらっしゃるかと思いますが、つい先日にトンネル内での車と自転車の大きな衝突事故がありました。

今年に入ってから既に3件目以上…ですかね。

でも今までの追突や巻き込み事故ではなく、対向車の居眠り運転が原因だったようです。

やるせない気持ちでいっぱいです。

 

言葉足らずでTwitterの140文字では気持ちが伝えられないので、ここに少し綴ることにしました。

 

少し驚いたことは、そのニュースに対して

サイクリストの多くは「対向車は避けようがない、あんまりだ」

車を運転する方の一部は「ロードバイクが公道を走るからこうなる、迷惑、どうせ無灯火か自転車側の逆走だろ」

と、

偏った意見がかなり多く見受けられました。

 

どっちがいい、どっちが悪い。

そういう所に論点が集まりました。

 

ネット記事のタイトルはこうでした。

トンネルで自転車9台の列に車が突っ込む 7人重軽傷

 

最初に目にした瞬間、!?どういった状況!?

になりました。

記事の詳細を読んでみると、

 

2車線のトンネルで、居眠り運転対向車が自転車9台の列に突っ込む事故だということが分かりました。

いろいろ重なりすぎて悲しくなります…

ニュースの画像から事故に会ったロードバイクには明るいフロントライトもリアライトも装着してあることも分かりました。

 

トンネルの名前を検索しました。

これが事故が起こったトンネルです。

f:id:edamame0416:20190730154820j:image

地図を見た瞬間に、元々情報量の多いニュースに、1つ自分の中で足されました。

迂回路のある2車線のトンネルで、居眠り運転対向車が自転車9台の列に突っ込む事故でしま。

 

気になってトンネルの詳細を調べました。

延長636m、高さ4.5m、幅6m、2車線(片側3m幅)

 

正直この長さのトンネルはギリギリ通ってもいいかなと思うようなところです。

500m超えるトンネルは走行速度によっては通過するのに1分半~3分半はかかります。

 

もちろん交通量に従って左寄りを走ってたら、いきなり対向車が突っ込んでくるとは夢にも思わないことですし、居眠り運転で対向車線に突っ込んできた車の過失で間違いないです。

 

でも、この地図を眺めていると、いろんな想いが込上がってきます。

 

報道では自転車9台の列と記載していましたが、実際のところ、先頭4台、後方5台2パックに分かれて走行していたようです。

でも、9台だとざっと車間も計算して、100mほどの長さになります。

636mのトンネルに約6分の1を占めることになるので、例え対向車がいきなりくる予想外の事故でなくても、後車の追い越しで巻き込まれる可能性は十分あります。

今回の事故も、

交通法ではトンネル内基本的に追い越し禁止ですが、大抵車は追い越していきますよね。これはみんな体験していることかと…

 

先頭のパックが対向車に突っ込まれて後方グループも巻き込まれたといった形になったのでしょう…

詳しくは分かりませんが、普段はトンネル迂回を心掛けていた方々でもあったので、

今回は本当にいろんなことが重なって最悪なタイミングで事故が起こりました。

 

正しい車線を走ってライトつけて、交通法を守っているから、事故になったら車に非があると分かってても、

真正面からでも後ろからでも、

車に突っ込まれたら、自転車は勝ち目なんてないです。

生身の人間なのです。

どっちが正しいかどっちに非があるかは置いといて、

命に関わったら、治らない怪我をしたら、

最終的に困るのが結局交通弱者である自転車です。

 

要約すると、

私はトンネルが大っ嫌いです。

できるだけ通らなくていい時は通らないし、峠を1つや2つ増やしてても迂回路したいほどトンネルが怖いです。

 

この間このようなツイートもしていました…

 

 

どんな趣旨のサイクリングだったのか、今回のニュースだけでは分かりません。

でも、

これからグループライドを主催する方には聞いて欲しいです。

 

余程急いでいない限り、大人数のサイクリングはできるだけトンネル回避ルートを選んで欲しいです。

トレインを組む時も長くなり過ぎないように気を配って欲しいです。

もちろん、これで破天荒なもらい事故が100%免れる訳では無いですが、

少しでも事故の可能性を下げることや、

事故ダメージを少なくする工夫はできるかもしれません。

 

事故から何か誰かを責めるだけではなく学べることも、これからサイクリングを楽しむ方に伝えられることは沢山あります。

 

今回、理不尽な事故に遭われた方々の無事と回復を祈っております。

ASSOS Speed Clubジャージがめっちゃかっこいいから見て。

どうも、篠です。

今日はASSOSのめちゃくちゃかっこいいジャージを紹介します。

 

SS Clubgearaero Speed Club!(*゚∀゚*)

f:id:edamame0416:20190729204909j:image

 

動画…

 

このデザインを知ったきっかけはZwiftのイベントでした。

確か、今年の3月辺り……海外の時間に合わせて開催なので、日本時間午前3時スタートという鬼畜仕様でしたが、

知り合いのASSOSファンはみんな夜中に眠い目をこすりながらローラー回していました…

バーチャルのアイテム集めに必死です…それぐらい欲しいってなるジャージでした。(笑)

f:id:edamame0416:20190729201618j:image

いつか実物が発売されないのかな……

と思っていたところで、

7月にASSOS公式のInstagramに告知が上がりました!😎

f:id:edamame0416:20190729202126j:image

f:id:edamame0416:20190729202217j:image
f:id:edamame0416:20190729202138j:image
f:id:edamame0416:20190729202135j:image

表だけでなく、背中が超かっこいい!!😎

 

ベースはエキップジャージと同じです。

f:id:edamame0416:20190729202915j:image

そう、これの色違いでさらに柄が入って、肩周りのパターンが少し変更されたものです。

 

袖と肩周りのフィット感がアップ。

腕細くてエキップだと袖がぶかぶかになる方にはオススメです!

メンズデザインなので、女性はエキップだとウエスト周りかなり余っていたものの、

スピードクラブはタイトな作りになったからか、ほぼぴったりでした。

参考までに自分は身長162cm、体重48kgでXSサイズです。

 

現時点で海外の公式サイト通販でしか手に入らないです。(送料無料ですが関税がかかります)

ボトルとバッジとセットで販売中。

f:id:edamame0416:20190729204214j:image

よかった覗いて見てください!(*゚∀゚*)

リンク貼っておきます

⤵︎ ⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎

Speed Club Pack

Mt.富士ヒルクライム2019参戦記

どうも、篠です。

富士ヒル2019お疲れ様でした!

記憶が鮮明なうちに今回のレースを書き留めたいと思います。

f:id:edamame0416:20190609154022j:image

結果から言いますと、

全然ダメでした!

いろいろあって(あとで書きます)最初の狙いの72分目標を下方修正して最低限でもシルバー取ることを目標にしていましたが、届きませんでした。

 

レース本番の流れですが、

スタートして計測地点までは女子集団でまとまって通過。

料金所までで12人ほどに絞れた感じでした。

昨日調子を確認したところ、徐々に上がってきているとは分かるけど、今回の選抜メンバーはついて行くことだけで精一杯だろうと踏んでいるので、今日は一切無理しないことに徹底して、ほぼ集団の最後尾ぐらいに位置取りました。

一合目手前の駐車場ぐらいから少し離れて、それからしばらく100m圏内に捉えてはいたけれど勾配が緩んだところで単独では集団には上がっていけず、徐々に離れていった感じでした。

呆気ない弱さでした。

 

でもそれで諦めてはいませんでした。

どんな調子でもその日の最善を尽くそうと決めたので、ひたすら単独で回しながら、後ろから上がってきた集団の流れを借りつつ上がっていくのを試みる…

二合目三合目辺りで通過する集団は大抵ゴールドペースですが、勾配の緩いところしかトレインを借りられなかったのですが、なんとか上に上がれていって、女子選抜の先頭から1人こぼれてきたのを見ました。

何となくペースが似てる感じなので、そこからしばらく抜きつ抜かれつで約8kmぐらい一緒に走れた感じでしょうか。

ちょっと得意な分野が違うようで、抜いては抜かれるの繰り返しだし周りに良さそうな集団もないので、ここで2人で競り合ってもいい事ないと感じました。

「雨きついですね」

と声かけたら、

「そうですねっ!」

と返事が帰ってきたので、

「一緒に行こう!」

と私から切り出しました。

 

大沢駐車場の時点でシルバーには届きそうにないと分かって結構凹みましたが、投げ出したら絶対ゴール後に自分を許せないから、

2人で回しつつ四合目で通過する程よいトレインを借りつつ進み続けます。

ひたすら雨が降り続けますが、ここまで最初から最後まで雨だと、清々しいぐらい気持ちいい…

寒くてシフターをする指がかじかんでいますが、結構笑い続けました。

やはりこんな天候の中で自分と同じ頭悪いことをしている人がこんなにもいるレースは楽しい!と、情けない走りをしながら実は結構楽しんでいました。

すごいですよね…こんな天候でも出走は半数以上いたのではないでしょうか?

 

奥庭辺りで少し勾配が上がるせいか、一気に人口密度が上がりました。

空気の流れを借りてちょっと踏んで前の人に追い付いて一緒に最後の平地区間を飛ばしていきたいと思いました。

 

でも残念ながら集団ではないので、あまりスピード出ていない、回していこうと声をかけて前に出てまた下がるのをやってみたり、周りを巻き込んでいこう!と、なるほどこういう楽しみ方もできるんだねと、レースの中で気付きました(笑)

ラストはさらに後ろから上がってきたついていけそうな人にすがりついて、ゴールの坂はインナーで回し切ってゴール。

ラストトンネル手前でタイマーが1:15:00だったので、間に合わず、1:17:07ゴール。

 

と言った感じです。

 

走った時の感覚と手応え的に、

今回の仕上がりでは妥当な結果だと思ったので、納得しています。

去年の記録が一般ウェーブで1時間17分49秒

今年は主催者選抜女子ウェーブで1時間17分7秒

 

パワーデータ

NP180w、PWR3.75。

 

出走カテゴリーが違うけれど、42秒しか自己ベスト更新できませんでした。

地力は上がっていると信じたいですが…正直めちゃくちゃ凹んでいます。

 

普段あまり弱音を吐かないですが、久々にちょっとぶちまけます…(笑)

レポートだけ読みたい方はここでWebページ閉じてください(-人-)

 

 

 

ネットには書いていませんが、

今年の1月の初めに一回怪我して、そこからしばらく自転車にちゃんと乗るのが難しい感じでした。

その時に元々あったペダリングの左右差がさらに開いて、1月末にやっと体力も筋力も戻りました。思い返せばちょっと無茶をしていたなあと…

その無茶のつけが来たか、2月の初めぐらいから左臀筋に違和感を覚えるようになりました。

マッサージしたりストレッチしてもなかなか治らず、徐々に悪化して、

臀筋だけではなくハムストリングス、腰に痺れが出始めました。

3月の胃腸炎と重なってさらに体幹が弱くなって、元々体幹で支えている分のダメージが下半身に重なって、3月末ぐらいにはひどい腰痛に変化しました。

一言でまとめると、

実はヘルニア一歩手前まで来ていました。

 

自転車に跨がれば腰に違和感がある、踏もうとすると臀筋が痛い、10分以上登ると腰に鈍痛が走る…

これはかなり深刻な状況だと分かって、そこから知り合いや専門家に尋ねたりして、改善策を練り始めました。

フィッティングに興味を持ったのもその頃でした。

なので、4月の八ヶ岳も体調微妙だったというのがありましたが、腰痛の原因がイマイチ分からない感じでモヤモヤしていました。

原因を突き止めていないのでブログには書きませんでしたが…

 

YURIフィットの小橋勇利さんにポジションを出してもらって、その後キノフィットの木下智裕さんにペダリングを見てもらいました。

 

ハルヒルの時もとにかく腰が痛くならないように気をつけて登っていたので、パワーはちゃんと出ていたけれどトルク抜けるような走り方になっていたと思います。

自己ベストも更新してとても嬉しかったですが、根本的な悩みが解決していないのでなんとも言えない気持ちが残っていました。

 

ハルヒルの後は調子がずっと下がっています。

ハルヒルに完全に合わせつもりはないですが、1週間後の成木では綜合優勝できたものの、思い通りの走りが全くできず、そこから2週間続けてドン底ぐらいの調子でした。

ここで無理して体壊すのも怖いので、

富士ヒル2週間前にもう一度ペダリングを見てもらって、賭けというか…もはや直さないと1時間以上のヒルクライムを走り続ける自信が無いための対策でした。

そこでかなりペダリングの仕方を変更しました。

 

いつもと違う筋肉を使うので、もちろん最初は全然早くは走れませんが、嬉しいことに腰痛が改善し始めました。

 

どの強度で、どのタイミングで、どういう状況でペダリングが崩れるのか自分では把握できないので、これからは故障に繋がらないように積極的に聞いて勉強して、そういう所にも注目していきたいです。

 

実は富士ヒル前に全部で3回試走しましたが、

5月5、6日に富士ヒル連続2日間かなり疲労困憊の中での試走が料金所から77分、76分でした。

ただただ腰痛に耐え続ける苦行でした。

そして、ペダリングを変更して富士ヒル本番1週間前の試走が、79分でした。

1週間前でこの仕上がりとか、レースに出る気あるの?ぐらいのタイムですよね…

その日の帰りの車の中で自分にツッコミを入れましたね。

でもスバルライン一本登って79分間のヒルクライムで腰が痛くない!それだけで嬉しくて泣きそうでした。

ヒルクライムが大好きなので、無理して爆弾抱えて登るより、やはり気持ちよく登りたいです。

本日の富士ヒルゴール後も、腰が痛くないことが一番嬉しかった、今の全力が本当に弱いけれど、体の痛みに惑わされず走りに専念できたことに喜びました。レース本番で何してるんだろうって感じですが(笑)

先週の料金所から必死で79分かかったのが、ローラーと実走で少しずつペダリングを慣らしてきて今日で75分まで縮んだことも死ぬほど嬉しかったです。

小さな進歩でしたが、いい兆しが見えました。

 

仲間のみんなも雨の中で無事ゴールして無事下山できました!

いっぱい知り合いと話できて本当に楽しかったです。

 

今回は前日受付で色んな方に声をかけて頂いて、沢山の応援を頂きました。

本当にありがとうございます。とてもとても励みになりました。

狙ってくださいという言葉に対して強気な返事が全くできなかった自分が情けなかったです。

今日も登っている最中に知り合いの皆さんに声をかけて頂いて本当に力になりました。

 

応援に応えられずに本当に申し訳ありません。

悔しがれるほどの調整もトレーニングもできなかったですが、主催者選抜で走れたことがとてもいい経験となり、たくさん勉強になりました。

 

少しは時間かかると思いますが、

楽しく自転車を乗りたいし山は楽しくて気持ちよく登りたいので、不安要素をちゃんと潰していって、またここから這い上がっていきます。

7月の甘利山は間に合わないかもしれませんが、

その後の8月の乗鞍も、

9月の奥多摩ステージも、

10月の箱根も、

その時その時の全てをぶつけていきたいと思います。

 

また山とイベントとレースでお会いしましょう!

 

使用機材

フレーム:lapierre Xelius SL ultimate

コンポ:SRAM eTap

ギア:50-34t、12-28t

ホイール:BEKINGカーボンチューブラー

ペダル:デュラエース

サドル:パワーサドルMIMIC

シートポスト:ワンバイエスマガタマ

ハンドル:チネリ ネオモルフェ

心拍センサー:AIRFIT

シューズ:LAKE CX332

インソール:SOLESTAR CONTROL(www.rgtenterprises.com)

第7回榛名山ヒルクライム参戦記

どうも、篠です。

5/19は群馬県高崎市で開催された榛名山ヒルクライム(通称ハルヒル)に参加してきました。

結果は女子エキスパート2位入賞でした。

 

記憶が鮮明なうちにレポート書きます。

前置き結構長いですが、よかったらお付き合いください。レース当日のことだけ読みたい方は下までスクロールで🙌

f:id:edamame0416:20190520205403j:image

 

今年で4回目の参加となるハルヒル。

実は私がロードバイクを始めてから最初に参加したヒルクライムレースでもあるので、とても思い入れのある大会です。

 

ハルヒルは運営側がいたせりつくせりで、回数を重ねて前日受付から当日の流れが精錬されていって、もう本当になんの文句がない満足度の高いヒルクライムイベント…

地域との提携もしっかりしており、ゼッケンに付けている1000円分の金券はゴール後の飲食ブースや会場のお買い物でも使えますし、提携中の多くの高崎市の飲食店でも利用可能。

何より国内のヒルクライムイベントだと、ここでしか味わえないのは、地元の住民の方々からの沿道の応援と下山時の見送りですね…

ヒルクライムのコースの序盤は住宅密集地を抜けて行き、終盤の近くまで民家が点在するので、地元のおじいちゃんおばあちゃんがずっと手を振りながら応援してくださってめちゃくちゃ元気が出るので、本当に温かい大会です。

 

1回目と2回目は何となく楽しい大会だからぼんやりとした気持ちで出走していましたが、3回目からはエキスパートクラスで初めて走って、本当のレースとはこういうことなんだ…とかなり刺激を受けたのは今でも覚えています。

エキスパートで戦えるようになりたい!という思いが強まって、去年の秋から本気でヒルクライム競技に取り組み始めたので、今年のエキスパート参戦はめちゃくちゃ気合が入っています😆

 

 

エキスパートと年代別の違いが分からないという方もいると思うので簡単に説明します。

実はタイムの記録計測方法が違います。

 

▫️エキスパートカテゴリー

グロスタイム

(最初の選手が計測開始地点を通過した時間が計測開始時間)
▫️年代別カテゴリー

ネットタイム

(個人が計測開始地点を通過した時間が計測開始時間)

 

エキスパートカテゴリーは男女合わせて400人超えが同じウェーブのスタートになります。

1人目がスタートエアアーチを潜って、カーブ曲がって計測開始ポイントを通過した時点で、このカテゴリーの全員のチップが計測スタートしてしまいます

スタート地点が狭めの二車線で、一度に通れる人数は限られます。

これぐらいの人数なので、最初に通過した人と最後とで登る前から約30秒以上差が普通につくという…よ〜いドン!の仕組みです。

実際の記録より約10秒ほど足されることが多いですが、一番最初にゴールした者が勝者なので、分かりやすくていいですよね。

毎年の如く、エントリーを間違えてエキスパートクラスになる方が約1割いますが、ウェーブがスタートした後にトイレに並んでる方もいるようです…年代別でしたら大丈夫ですが、エキスパートはトイレに並んでいる時間も記録として加算されるのでお気をつけください😵

 

今回の女子エキスパートはエントリー人数14人。

知ってる名前ばかりなので、強い女子メンバーと同じレースに出られるのは本当に楽しみで仕方なかったです。

前日エントリーリスト眺めながらワクワクが止まりませんでした。

 

準備期間

3月上旬に胃腸炎にかかって1週間で体重約5kg落ちて、体力根こそぎ持ってかれました。あれから短時間高強度の練習は続けていたものの、ロングライドを走る気力が全く湧かなくて、CTLがガクンと落ちてしまっていた…

そんな状況で迎えた4月のツール・ド・八ヶ岳

レース当日で88でしたね。ちょうど体調悪い期間と被って、体重も浮腫で増えて、48分NP200w、PWR4倍ギリギリだったという弱り切った感じでした。

不完全燃焼感半端なかったので、悔しくて悔しくてハルヒルは絶対いい所まで持っていこうと思いました。

 

実際八ヶ岳以降、とにかく質を落とさないでCTLを上げることに専念しました。

もちろんCTLが高ければいい訳では無いと分かっていますが、練習量の積み重ねはやはり大事だなあと。

30分以内のヒルクライムコースはちゃんといいパフォーマンスが出せるのに、40分超えるコースでガクッと落ちる理由はシーズンインで長いコースをほとんど登っていないから体が慣れていないだけではない。

そもそも八ヶ岳の時点の自分の体はあのコースを走り抜くのに耐えられなかったのではないかと…

だからちょっと無理してても上げてみようと思いました。

 

4月14日~5月18日で、CTL88→100。

正直かなり無茶ぶりでしたが、なんとか頑張れました。

そのうち28日間連続でATL105オーバー、TSBマイナス

木曜日までマイナス17で、そこからの3日間は短時間で強度は落とさず体に刺激を入れるような調整を。

ハルヒルレース当日で4週間ぶりにTSBの数字がプラスに。

CTL100、ATL95と…

朝ローラーでアップしてから駐車場付近の坂を回した時の足の軽さが尋常じゃなかったから、たぶん成功!🙌

減量は一切していないけど、自然と絞れて、48kgふらっとでレースに挑めました。

 

レース前日

駅前で受付済ませて、会場へ。

知り合いにいっぱい会えたのでほっこり…

14時頃に遅めのお昼ご飯、親子丼とミニそば、暑い日でしたが、食欲は普通にある、米がスルッと入る。これはいい兆し。

f:id:edamame0416:20190520095740j:image

宿のチェックインまでふらっと磯部温泉の近くをサイクリング、3分前後の坂一本だけ全力で登る。

f:id:edamame0416:20190520205313j:image

思いギアは踏まずに平均ケイデンス97ぐらいで回して240w平均。よき!実はこの時点までTSBマイナス…翌朝でプラス7なので、ギリギリを攻めていくスタイルでした(笑)

温泉宿に泊まって、夕飯はまぜそばとパン1個と青ぶどう1パック。

過度のカーボローディングは無し。

温泉に入ってらイナーメスポーツアロマのリカバリーピンクオイルとイナーメ棒で筋肉を解して明日の高強度に備える

f:id:edamame0416:20190520204856j:image

ウォーターローディングもバッチリ1L飲んだ。

 

夜22時前に就寝。

レース前日は常に遠足前の小学生状態なので、夜中緊張で何度が目が覚めましたが、アラームで起きた時はスッキリした目覚めで、体も全然だるさを感じない!

 

 

レース当日

朝ごはんは意外と少なめ。

今までのレースで一番少ない。

菓子パン1つ、おにぎり半分、ゼリー1つ、レース前にアスリチューン赤を1本。

合計カロリー700未満言ったところだろうか。

前日結構食べたのでエネルギーは足りてる。

 

体育館の待機場所に並んだ時かなり後ろでした。エキスパートに出走の知人は多かったので、みんなとお話して緊張を解す…

スタート地点への移動で前に上がろうとしたけれど、橋に渡る狭いところでたぶん間違えてエキスパにエントリーした方だろうか…全く焦らずにゆっくり流しているから抜けず、

橋渡ったあとは全力ダッシュで前に行ったけれど、10列目かな…うーん…結構しくった…😵

 

スタート前に同じカテゴリーの女子の居場所を確認。

最前列に2人、3列目ぐらいに3人、ほかは見当たらなかった。

 

スタート直後はかなり混雑していて、毎年最初の右カーブが人口密集して怖い。

安全にカーブをクリアしたあと右側に移動して前に上がろうと試みたけれど、何故か右側が詰まっていて全く動かず………

ここで3回ぐらい足止めてしまったのがかなりロスした…これで前の集団とは一瞬で離れてしまった。足は完全に余ってるからものすごくモヤッとした…位置取りが下手!😭

 

女子メンバーしか見ていないけれど、

スタートしてすぐに2人パスして、1kmぐらいのところでもう1人パス、その後はもう誰の姿も見ていない。

もうとっくに置いてかれてるんだろうなあと傷心しつつ、諦めずに頑張って追い上げる!

 

初心者コースまでは緩斜面で時折ぐっと上がる坂が出てくるのでテクニカルな区間です。

今年で3度試走して全部頭に入れているけれど、きつい坂で後ろからドカンッと抜かれたと思いきや、勾配が緩くなるとギアチェンジもしないで流してトルクを抜く走り方をする人が多すぎてびっくり…

ダメもとで病院の坂を上がった後に周りにいる4人ぐらいでトレインを組もうと試みました。

でも1%ぐらいで30km/h下回ってるからこれ風避けにするなら単独で走った方が速いってなって飛び出した。

後ろについてきた何人かにローテーを促して回そうとしたけれど、あまり回らず、全体のスピードが上がらず…

初心者ゴールは16:27、NP218w、平均ケイデンス94、174bpm

順調にトレイン乗れていれば15分台では通過していたんだろうから、予定より約40秒遅れのクリア…微妙に足を使ってしまったのも悔しいし。ここが一番痛かったですね…

 

初心者コースの後のアップダウン区間も、登りですごい勢いで抜かれて、それから下りに差し掛かった時に進路塞がれるようなことが何度もおきて…抜くに抜けずブレーキをかけたのが2回。

下りで体重も体格も大きい人がエアロフォームも取らずギアも上げないで、48kg未満の私に抜かれるってどういうことだよ…泣

下りセッション区間は試走時の単独でよりも2秒遅れ

ここまでは心拍もかなり余裕のペースできてるから余計やるせない…一番タイム縮められる区間だった…位置大事、ホント、

全て位置取りが下手な自分が悪い、いい勉強になった。

 

去年エキスパ出走した時も感じでいたことですが、同じくエキスパートクラスでも出走条件は1時間切り。その中には間違えてエントリーした方もいるので、登坂力の差は実は激しい。

40分切りのペースで序盤走るのが20人ほどだとして、45分切りが半数、残りは50分前後と1時間超えといったところだろうか。

初心者コースの中盤からもう完全にバラけてしまうので小集団で5人もいないぐらい…

あとは登りはそれなりに速いけど勾配の変化に対応できない人が多い印象。(小さい坂でインターバルかけて緩くなった区間でたれる感じ)

一般ウェーブよりも人数少ないため、足が合う集団を見つけるのがとても難しかった…そういう意味ではエキスパートはスタート後の塊を抜けられなかった時点で終わった感があった。

まともに集団走行できるように、次は45分以内の集団に上がっていけるように考えていかないといけない。

 

中盤のところはほぼ単独走。

周りのインターバルにつられず、メーターも見ず、淡々と丁寧に回すことに集中。

アップダウン区間は相変わらずスピードが乗らず、地味にメンタルに来てしまったけど、ぐっと耐える。

神社までは余裕なペースで走り過ぎた感が否めないけど、自己べを32秒更新で、

16:52、NP210w、平均ケイデンス88、175bpm

 

神社以降はもうギリギリ死なないペースで行くと決めた。

試走の時に我ら軍曹えーぞうさんの直伝のレース本番でしか走れないライン取りを意識して、とにかく踏まずに最後までケイデンスで回して丁寧に登った。

 

最初の急勾配は結構抑えて、ラストに向けてだんだん上げていく感じ。

男根岩過ぎてからのラストスパートでケイデンスアゲアゲで…ゴール前は96回転315w。

スプリントの数値にしてはしょぼいけど自分なりに回し切った。

神社からゴールまで

14:08、NP218w、平均ケイデンス83、176bpm

 

コース全体

47:46、18.4km/h、平均ケイデンス87、175bpm、NP214w、PWR4.5

グロスタイム47:55

f:id:edamame0416:20190520204102j:image

約48分FTP上出ているし、ラストスプリントできたので、出し切りました。

数値的には上出来でしたが、タイムに全然反映されなかった…目標にしていた47分切りに届かず。

 

悔しくないと言うと嘘になるけど、清々しいほど完敗の2位なので、気持ちは穏やかだし前向き。

自分より強い人は自分より努力してるだけ。今まで積み重ねてきた経験なりフィジカルなりメンタルなり。

やはりみんな凄いですよ、レース楽しい!レースに出れば凄い方に会える!

f:id:edamame0416:20190520204342j:image

レースの走り方が本当に下手って再確認🤣

エキスパで集団の力を使えなかったのも集団に追い付けなかった自分の力不足なので、体重を上手くいかせなかったのも力量不足。

本当に悔しいけど納得のタイムでした。

エキスパを選んでエントリーした時点でタイムを狙った走りよりもレースを味わいたいと思ったけれど、いざ本番になると、思いっきりが足りず判断が遅い場面が多かった為にタイムを落とすところばかりで、

全力で踏んでついていかないといけない所で思い留まった間違った判断もありました。

個人TTでは顕著に出ないけれど、レース本番ではここまで無力だなあと…

でも改善点が沢山見えて、まだまだ工夫できる点ばかりなので、とてもワクワクします。

たくさん勉強になったので、まだまだこれから。

この経験を活かして次に繋げていきたいと思います!

 

 

前日の会場や、宿付近、当日に声かけて下さった方々、本当にありがとうございました。

今まで出たレースで一番人と話したのではないかというぐらい、いろんな方とお話ができました。

レースだけではなく、ヒルクライム好きな方と交流できる場所を設けてくださったハルヒル運営側に感謝しております。

f:id:edamame0416:20190520205239j:image

 

使用機材

フレーム:lapierre Xelius SL ultimate

コンポ:SRAM eTap

ギア:50-34t、11-30t

ホイール:BEKINGカーボンチューブラー

ペダル:デュラエース

サドル:パワーサドルMIMIC

シートポスト:ワンバイエスマガタマ

ハンドル:チネリ ネオモルフェ

シューズ:LAKE CX332

インソール:SOLESTAR CONTROL(www.rgtenterprises.com)

#solestarjapan

f:id:edamame0416:20190520203918j:image