山は性癖です。

ヒルクライムは芸術、峠道はロマン。そんな人の日常。

自転車ブランドLAPIERRE(ラピエール)のアンバサダーになりました。

どうも、篠です。

今日はお知らせがあります。

 

この度は普段乗っている自転車ブランド『lapierre』(ラピエール)のアンバサダーになりました。

f:id:edamame0416:20181201200800j:image

 

かなり急なお知らせでびっくりされる方も多いかと思いますが……一番びっくりしているのは私自身ですね。

2017年4月にピノカラーのXelius SL ultimateが納車され、

ラピエールオーナーになって、

1年と8ヶ月が経ちました。


ゼリウスはフレームの造形とカラーリングに一目惚れして、奮発して購入した初めてのハイエンドモデルでした。

f:id:edamame0416:20181201211932j:image

購入当初では実感できなかった良さも乗り込んでいくうちにどんどん身に馴染んで、今年に入ってからは様々なヒルクライムレースでいい成績にも繋がりました。

ある意味自分の走りを変えてくれたフレームでもあり、共に成長してくれた大事な相棒です。


いつの間にかSNS経由でいろんな方にピノのゼリウス乗り」で覚えて頂いて恐縮です。

 


実は、Mt.富士ヒルクライムには毎年東商会様が出店しており、ラピエール&サーヴェロのオーナーズクラブ会員限定のメカニックサービスを行っております。

f:id:edamame0416:20181201212252j:image

そちらでは毎年お世話になっております。

今年11月に開催されたサイクルモードのラピエールブースを訪れた際に偶然いつも担当して下さっている方にお会いできました。


その際に自分の普段のライドスタイルの話となり、

今年度洗練された走りを追求し始めてから狙ったレースには本気で取り組んできましたが、

気ままに山を繋いで走るのが好きというのはやはり自分の原点です。


Xelius(ゼリウス)いわゆる戦闘機?レース機材として組んだので、BB周りの剛性が高く、反応がとてもいい上に程よく振動を吸収してくれる最高のマシーンですが、ロングライドや悪路(ハイエンドで走るなって話ですが)を走る際はやや硬めに感じるというか、特に疲れてきた後半では足にくる感覚がありました。

 

エンデューロクリテリウムではAircode(エアコード)を乗られている方も最近見かけるようになりましたが、

lapierreのもう一つのモデル、PULSIUM(パルシウム)は意外と見ません。

なので、今回のラピエールブースで展示されたPULSIUM SL 500に俄然興味が湧きました。

f:id:edamame0416:20181201220039j:image

カラーリングはシンプルな黒に白いロゴ、差し色にメタリックブルー。

石畳のコースを走ることを前提に設計されたモデルで、振動吸収に優れており、悪路を進んで走る自分にはとっておきの物ではないかと思ってしまいました。

f:id:edamame0416:20181201212330j:image

f:id:edamame0416:20181201212345j:image

いいなあ.....旅用にちょうどいいなあ....と、もうちょっとじっくり見たかったけれど、

トークショーの開始時間に迫ってきたので、急いでRoadQuestのブースに戻りました。

 

 

で、普通ここで終わる話だと思うのですが....

 

「パルシウム....乗ってみます?まだ分かりませんが、本国に確認してみます。」

 

.........!?!?!?

後日にこんな連絡を頂いた時はかなりびっくりしました。

 

あくまで一趣味人で、選手でもなんでもないので正直ガクブル案件です....

 

担当者曰く、

今までブログやインスタを拝見し、サイクルモードトークショー(聞きにきてたのか;;)等聞いて、ゼリウス気に入って頂けているのが非常に伝わってきました。

意図もせずに今までラピエールを愛用していたことがいいPRになりました。

本国にも承認ちゃんと取ったので、ラピエールのアンバサダーに正式になって頂きます。

 

恐れ多いながらとてもありがたいお言葉を頂きました。

 

「ちなみに、今までラピエールにアンバサダーさんいらっしゃいましたか……?」

 

「サポート選手はいましたが、アンバサダーはいませんでしたね。」

 

え?初????

 

まさか愛車のブランド「lapierre」とこんな形で関われるようになるなんて思いもしなかったので、身に余る光栄です。

 

まあ......とは言っても、

やることは多分今までと変わらず、

「ラピエールはいいぞ!」

「ゼリウスはいいぞ!」

を言い続けると思います。(笑)

 

デザインだけではなく、本当に性能は申し分ないメーカーなので、

自分のこれからの自転車活動を通して、より多くの方にラピエールの魅力を伝えていけたらと思っております。

 

 

と、早速…

実は本日、フレームが家に届きました。

元々105の完成車ですが、せっかくなのでパーツを一から決めていきたいのでフレームセット。ロングライド仕様のバイクにじっくり仕上げていけたらいいなあとぼんやり考えています。

その経過もブログに載せていきたいと思います(-人-)

 

ひとまず、

パルシウムの造形美のお裾分けしましょう……

とにかく綺麗な曲線…

f:id:edamame0416:20181201215014j:image

f:id:edamame0416:20181201214525j:image

パッと見ゼリウスと似てるけど、トップチューブからシートステーへ枝分かれではなく、トップチューブが上下に枝分かれしている三角形。

f:id:edamame0416:20181201215036j:image

軽量フレームではないけれど、持ち上げた時にフレーム単体の重量もさほど気にならないので、素晴らしい…

ゼリウスとどう乗り心地が違うのか、今から楽しみで仕方ないです。