山は性癖です。

ヒルクライムは芸術、峠道はロマン。そんな人の日常。

LAKEシューズのサポートをいただきました。

どうも、篠です。

既にTwitterInstagramを見て、知っている方もいるかと思いますが、

先日LAKEシューズのサポートを頂くことになりました。

 

LAKE CX332

カメレオンブルー

f:id:edamame0416:20181119150517j:image

控えめに言って、すごく綺麗な色ですよね??

実際手に取った時本当に感動しました。

外見はもちろん、カンガルー革使用でフィット感はかなりよいです…

 

今回の記事は、ここ1週間CX332を実際履いてみた感想も織り交ぜつつ、LAKEのシューズについて書いてみたいと思います。

 

 

すべての発端はこのツイートでした。

 

そう、実は9月頭ぐらいから、ずっと使っていたGIROのビンディングシューズが寿命を迎えようとしていました。

購入当時は型落ちで安く手に入って、愛用していたけれど、購入から今まで、

走行距離3万km、累積標高61万mは超えたのかしら…

変な坂ばかり登ったり、あちこちに履いたまま輪行したり、未舗装ガツガツ歩いたり、落車などが重なったのが要因でしたが、

1年と8ヶ月の短い命でした…酷使してしまって本当にすみませんでした…(-人-)

f:id:edamame0416:20181119145645j:image

見ての通り、左足のカーボンソールが完全に割れて無くなっていました💧
f:id:edamame0416:20181119145640j:image

言うと、結構驚かれますが、

実は今までシューズのことはまったく重要視をしていませんでした。

ロードバイク始めてフラットペダルからビンディングペダルに付け替えた後はビンディングの恩恵が大きいせいか、雑に回してもペダルはくっ付いてくるので、靴ちょっと緩くても大丈夫でしょうぐらい程度に考えていました。

 

それもあって、いつも1年半に一度の頻度で靴を履き替えていました。

こだわりがそこまでなかったので、よっぽど履いた時に違和感がなければOK、セールで安くなったモデルを、その都度違うメーカーのものを履いていました。

 

都内で、ビンディングシューズというカテゴリーでいうと、いろんなメーカーを同時に扱っているショップは少ない気がします。

比較が難しいので、足に合うものを見つけるのはすごく大変でした。

 

私はちょっと厄介な足の形をしていて、

爪先の幅が広めなのに、足の甲が低い

今まで試着したモデルでいうと、フィジーク、エスワークス(ノーマル、ワイドサイズもある)、GIROのエンパイアは全部爪先が痛くなるので、履けませんでした。

 

今回使っていたGIROが4足目で、レディースモデルですが、爪先がゆったりしている上、インソールの土踏まずの部分で靴内部のフィット感をある程度調整できるので、かなり有能です。

でも私の足の甲が低いせいか、マジックテープを極限まで締め切っても足が靴の中で上下に動くほど緩かったです。

f:id:edamame0416:20181119155016j:image

画像通り、マジックテープ引っ張りすぎて靴が変形しています。

去年まではそこまで気にならなかったのですが、ヒルクライムレースでタイム狙うようになってからは靴の中で足が動いたりすると、力が逃げる感覚がありました

 

シューズに関してのツイートはいろんな方からアドバイスを頂き、本当にありがとうございました。(-人-)

そんな中でも、

 

某野菜栽培おじさん

「LAKEのシューズとか如何ですか?東京ヒルクライムの写真を拝見して、シューズが大きそうなので「そう言えばっ!」と思い出して連絡してみました☆

 

シューズが大きそう……?

 

この言葉にはかなり驚かれました。

 

確かに履き心地緩めだとは思っていましたが、傍から大きそうに見えるぐらい、実はサイズが合っていなかった可能性がある……?

今までしっかりフィットした靴を履いたことがないので、何とも言えない感もありますが…

 

頂いたリプライの中には何人もがLAKEのシューズについて言及していたので、すごく気になってきました。

 

現に知り合いでLAKE愛用している人だと、

富士ヒル2018チャンピオンクラス1位の某仙人、トップヒルクライマーの某野菜栽培おじさん赤い彗星なかせさん、白衣の天使-峠に舞うハルさん、ぱぱうぱうぱうみつさんなど。

 

…ん?待てよ。

ヒルクライマーLAKE率高くない??( ˘ω˘ )

 

ミーハーな訳では無いけれど、

LAKE履けば速くなれるなら履いてみてぇ…(違)

 

と、冗談は置いといて。

 

ご縁があって、

LAKE代理店キルシュベルク

http://www.kirschberg.co.jp

の社長N川さんとお話する機会がありました。

 

N川さんTwitterではよくお見かけするので気になってはいましたが、手当たり次第に強い選手に声を掛けるのも節操がないので控えていました。」

 

Twitterはラフなつぶやきが多いので、お恥ずかしいところをお見せしました;;」(訳:え、嘘やろ…)

 

N川さん「勝手に性癖さんと呼んでいました。(笑)」

 

うぎぃぁあああ!!!/(^o^)\

なんというか、『山は性癖です』ってネットではネタで言ってるけど、リアルで知り合う方にそう言われるとうぎぃぁあああってなります…

 

という感じの、なんとも朗らかで話しやすい方でした。

 

N川さん「LAKE履いてみます?足を入れてみて良さそうであれば是非履いてみてください。合わないシューズは辛いと思うので、その時は遠慮なく言ってください。」

とまで言って頂いて本当に頭が上がらないです。

 

 

サイズ選びからフィッティングまで

 

LAKEシューズのサイズの決め方という専用のマニュアルがあります。

今回はこの計測方法で自分の正確な足のサイズを割り出せました。

http://www.kirschberg.co.jp/lakecycling/image/manuals/LAKE%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%88.pdf

計測だけではなく、今まで使ったシューズの事についても聞かれました。

① 爪先先端(点1)とカカト(点2)との距離(mm)
② 母趾球(点3)と小趾球(点4)との距離(mm)
③ 今お使いのシューズのメーカー、モデル、サイズ
④ 上記シューズでフィット感の良い部分・悪い部分

 

①〜④をまとめてN川さんに伝えたところ、こんな返事が返ってきました。

 

N川さん「241mmだと、LAKEのチャートでは38.5ですが、今のGIRO39.5は爪先に余りがありませんか?母趾球〜小趾球あたりの幅はどうですか?」 

 

なんてことだ......

 

まさにもやもやしていたところを指摘されました。

足の横幅に合わせてサイズを選んだのはよかったですが、マジックテープを最大限に締めてstaticのインソールで土踏まずとシューズの底の隙間をなくすことでやっと誤魔化せるレベルでした。

 

以前使ったシューズも含め、今まで

約4年間、2サイズ上のシューズを履いていた

ことが発覚しました。

 

ほんと、なんてことだ....../(^o^)\

見ただけで大きそうと思われるわけだわ... 

 

11月上旬に開催されたサイクルモードのLAKEシューズのブースにて、

実際フィッティングしていただいた結果も、やはり自分の適正サイズが38.5で間違いなかったようです。

 

最軽量モデルのCX301もありましたが、やや爪先細くできているので、自分の足には合いませんでしたが、同じく軽量モデルのCX332はびっくりするぐらい足にフィットしました。

シューズは本革使用で、革の部分は勝手に伸びるので、サイズ確認時に横幅はちょっとキツイなぐらいでいいらしい。

CX301と比べて若干重量が増しますが、Boaの紐締めダイヤルが2個ついているので、足の甲をよりしっかり固定してくれるとのことです。

ダイヤル式は着脱とても楽なので走ってる最中の調整も効いて最高;;;

 

サイクルモードの会場では控えめだったCX332、太陽光の下での主張が半端なかったです。白状しますと、私はこの色に惚れ込みました...

 

そして実際CX332を履いてみたところ、今までにないフィット感で感動....

あとはフレームの色と最高に合いますね...見た目大事✨

 

そこから約一週間が経ちますが、だいぶ靴が足に馴染んできました。

上手く言えないけど、靴の中で足が前後に動かなくなったことで、ちゃんと面で力がかかるようになった。ペダルに体重が載せやすい…

ちゃんと足にフィットするもの履いてみると感覚全然違う。 自分に合う靴を見つけるの大事だなあと実感しました。

クリートを通してペダルと一体感があるのはやはり、気持ち良いです。

さらに、かかと部分はカーボンでできているので、熱形成で自分の足にフィットする形にできるのもすごいところです。

 

※一部の方に当てはまりますが、ペダリングでガツっと足首が曲がったり動かしたりする方でしたら、Boaダイヤルを締めた時の足首周りの可動域確認してみたほうがいいかも?特に前方?

 

 

あと、かなりびっくりしたのはLAKEシューズのサイズバリエーションの豊富さでしたね.....

本革なので後から足に馴染んでくるのはもちろんですが、

モデルごとサイズごと、レギュラーワイドウィメンズとあって、微妙なサイズ感の網羅してくれる....

機会があれば色々試着してみると新たな発見があるかもしれませんよ?レベルで、本気でおすすめ。

 

ソールは全面カーボンで、クリート調整のメモリーが細かく刻まれているので、

これのおかげで今まで悩まされたクリート付け替える際の微妙なズレはほぼなくなりました。過去にクリートでズレで膝痛くなったりしたこともあったので、かなり助かりました。

f:id:edamame0416:20181119195112j:plain

f:id:edamame0416:20181119194425j:image

 

「シューズパワーで10wアップ!」とか冗談で言われましたが、

冗談ではすませないように地に足つけて精進していきたいです。(^p^)

 

f:id:edamame0416:20181119200059j:plain