山は性癖です。

ヒルクライムは芸術、峠道はロマン。そんな人の日常。

これからの暑い季節に役立つASSOSアイテム♡( ゚∀゚)

どうも、篠です。

なんだこの宣伝臭いタイトルだよと思う方もいるかもしれないですが……

 

はい、バリバリ宣伝です。←

というか使ってみて、普通にめちゃくちゃ人にオススメしたいと思ったのでブログ書きました!

よかったらお付き合い下さい(笑)

 

まだ知らない方もいるかと思いますが、

恐れ多いですが、今年の春からASSOSのアンバサダーを務めさせて頂くようになりました。

「世界最高峰のロードバイクウェアブランド」と言われているだけあって、使って驚くことが沢山。

今まで自分の中にあったサイクルウェアに対する認識が大きく変わるきっかけでもあったので、自分の発信で少しでもASSOSの良さを広めていけたらいいなあと密かに思っております。(* ॑꒳ ॑* )⋆*

 

 

さてさて、話は元に戻りまして、

今回紹介させて頂きたいアイテムはこちら

⤵︎⤵︎⤵︎

◆SS.エキップ EVO8 ジャージ

◆スキンフォイル EVO7 NS.ホットサマー

    ベースレイヤー

f:id:edamame0416:20180528213150j:image

 

最近寒暖差激しいですが、だいぶ気温上がってきたのでライドは専ら半袖ショートビブスタイルになりました。

 

山岳ライドメインなので、心拍上げ上げで登りきったあとの頂上滞在や下りでの汗冷えにはずっと悩まされていました。

 

そこで、

「この2つのアイテムを組み合わせて使ったらいかがですか?」

と、昨日ASSOS PROSHOP TOKYO WESTに訪れた時にまさおさん(アソラー店員)に言われたのです。

 

 

 

気になりすぎて、

早速今日のライドに使わせて頂きました。←

 

 

いつも赤黒キャップだけど、

白黒コーデもいい感じかも??(*゚ω゜*)

f:id:edamame0416:20180528223552j:image

 

 

◆スキンフォイル EVO7 NS.ホットサマー
    (ベースレイヤー)

まずはベースレイヤーから紹介させてください!

f:id:edamame0416:20180528230528j:image

なんだこのアミアミ透け透けは??って一瞬なりますけど、これがめちゃくちゃよき…

 

ASSOSのベースレイヤーはポリプロピレン素材というほとんど水分を吸わない素材を使用しているため、汗を素早く排出させる役割を担っています。

袖ありのベースレイヤーよりも、今回私が着用しているタンクトップっぽいモデルは網目が大きい。

f:id:edamame0416:20180528230643j:image

網目が大きい分、表面積が少ない、インナーからジャージへ汗を移行させるのが速くなるらしいです(*゚ω゜*)

f:id:edamame0416:20180528231755j:image

肌に密着してるインナーはあまり汗を溜め込まないので、峠での下りは汗冷えしにくいし、暑い日に長時間走っても肌がベトベトするような嫌な感じはまったくしないので、とにかくめちゃくちゃ感動したアイテム…

 

 

◆SS.エキップ EVO8 ジャージ(5色展開)

シンプルなデザインですが、左袖に施されたアソスモノグラム柄が印象的ですごくかわいい!かっこいい?

とにかく私の好みドンピシャです。(笑)

f:id:edamame0416:20180528224123j:image

 

実は結構前に店頭で見かけた時から一目惚れでしたが、メンズモデルなのでサイズ感微妙かもしれないと一度断念しました。

 

諦めきれずにメンズのXSサイズを試着したら、レーシングフィットだからか、ウエスト周りは少し余裕あるものの、袖周り背中前屈み姿勢になった時のフィット感は抜群。

f:id:edamame0416:20180528233714j:image

ユニセックスな作りという解釈で大丈夫そうです、こういったデザインが好きな女性の方も選択肢が増えますね。♪( 'ω' و(و"ルンルン

 

 

肝心の機能面ですが。

 

実は、めちゃくちゃ生地が薄いです!透け透け(//∀//)

まあ、ベースレイヤー着てるんで全然大丈夫ですが(笑)

f:id:edamame0416:20180528225453j:image

BMCプロチームジャージとかなり近い素材をしようしているんだとか…

でもなんと、より多くの方が手に取りやすいように、新素材、新技術を駆使し、出来るだけ価格を抑えたモデル?( ゚∀゚)

 

伸縮性の高い生地で、張り感がありつつも、柔らかいからピッタリと身体に密着し、風の抵抗を減らすらしいです。

 

生地の表面はメロンの皮のようになっていて、デコボコにすることで表面積を増やすことで、

①伸縮性を高め

②汗の吸収量を増やし、速乾性に付与する

など、

かなり考えられたジャージ素材

 

実際使ってみて本当にすぐ汗が乾くから全然湿めっとしないから感動…

いつもならジャージのシワに汗塩が溜まったり、ジャージの汗の蒸発が間に合わず、ビブショーツの腰周りに跡ができたりしましたが、今日はそれが全くなかったです(๑°ㅁ°๑)

 

結局今日は100km、2446mアップの山岳ポタしてきましたが、

f:id:edamame0416:20180528234314j:image

f:id:edamame0416:20180528233326j:image

 

ゴリラのこの喜びの声⤵︎⤵︎⤵︎

 

 

まさおさんの言う通りに、

エキップジャージと網目ベースレイヤーの組み合わせがまさに最高の汗抜けパフォーマンスを発揮してくれました。(*゚ω゜*)

 

 

今までベースレイヤー舐めてたので全く着ていなかったのですが、やはりあるのとないのと全然違うから、とてもいい勉強になりました。

とりあえずこれからめちゃくちゃ暑くなっていくので、もう手放せないですね…:(;゙゚'ω゚'):